t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

「財政削減」の施設建設は 本当か ?

市は、今回の連続の解体、そして、連続の建替えの根本の課題は「財政削減」です!

● いかに、安く解体するか?  いかに、安く建替えるかが最重要課題なのですが、どうも、様子が違います。

● 市は、建設情報、特に、建設費用情報を公表されず、説明責任を回避され、市民の知る権利を奪われた状態は、誠に、残念な市政と感じています。

---財政負担の実態------------☆---

青少年ホームを解体し、プール建設を民間資本で建設し「財政削減」が本来の狙いではなかったでしょうか?

● しかし、実態は、学校プール運営は「年70万円程度」が相場なのに、新プールの委託費は、当初は「年200万円」で安いと説明。現在は「年800万円」が妥当と説明です!

★更に、事業計画で「民間委託の期間」として、「実施方針」は、当初「20年間」とされていたはず。なのに、現在、委託期間は、いつの間にか「30年間」となっていることを市民の皆さんはご存知でしょうか?  

● 結局、「年70万円」が「年200万円×20年」に増え、現在は「年800万円×30年」!

「財政削減」を目標とし、民間のプール施設に「2億40百万円」も投入は矛盾では?! 

   更に、水泳委託対象が、中学・他の小学校と拡大により、委託費も追加でしょう。 

結局、「現施設計画」は「財政削減効果」の無い「財政増大」である事は明白です! 

これを市民説明もされず、議会通過だけで推進は、甚だ乱暴な進め方と思います!  

ある市民は「説明しない」のでは無く、「説明出来ない事態」と言及されました。

「財政削減も無視」「財政増大」を市民説明もされず、

施設建設を強行は傲慢施政であり残念な事態と思います!

  (*翼小-16億円、埼玉・縮充小学校-23億円 ⇒ 高小-50億円が適正??  疑問です!)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸