t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

中央公民館の道路亀裂 - 経過報告 2

17.10.24-新聞報道以来、二週間経過。状況は、下記のように修復されたようです。

しかし、どのように現場調査され、原因は何か?

対策案をどのように検討されたのか?

そして、道路修復の予算負担は誰なのか?  まさか市?? 

特に、近隣住民には、どのように説明されたのか?

対策は「側溝を潰され、土砂を入れられてました!」  

これが、適切な修復なのでしようか? 

「臭い物には蓋」の乱暴な修復では? 最終措置ではないかもしれませんが、全く不可解、不透明な対応です。

   これが高浜の公共工事のあり方なのでしようか?

 (*「 思いやり 支え合い 手と手をつなぐ 大家族たかはま 」…??)  

---現場の状況-------------------☆---       (* 旧中央公民館・東側の道路です)

★境界の凸凹はそのまま。最終修復では無いと思いたいのですが、説明はありません?

f:id:t2521:20171108095907j:plain

 ⚠ この道路の隙間は危険です。自転車の転倒等が想定されます!!

f:id:t2521:20171108100140j:plain

 ★工事看板を確認すると、地下水を汲み上げる作業は中止されています。高浜市はこの「地下工事」に、約5千万を追加し投じているのです。中止しても良い工事に…?

工事仕様の変更であれば、適切に工事額や工事仕様を査定頂き、対応頂きたいと思います。

不可解というか、次なる疑問は…?

 水位が地面より2mで低いため追加工事費が必要になったと説明されたと思いますが、工事現場の水位はそれほど高くなっていないようです?!

地下水の汲上げ中止は10月27日。約二週間経過。

地下水の汲上げを中止であれば、大きな池が出来ているはずなのですが? … 不可解な工事です?

 「ディープウェル工法 - 単独見積・五千万円は適切なのでしようか?」

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail -- 文責 矢野義幸