t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

トーク&トーク - 高浜小の不可解な建設 (読者の声)

トーク&トークの一時間は時間が短すぎでした。

● 全国でも極めてまれな巨額「小学校『50億円』建設」を、設計計画資料だけでは、理解も、納得も出来ないのは当然と言えば当然の成り行きと思われます。

● 肝心の「財政削減効果」の説明は一言も無い有様ですから。

参加市民は「説明しないでは無く、説明出来ないのだ」と嘆いて見えました。

---不可解な建設 (読者の声)---☆--- 

トークアンドトークは思ったような成果は得られたでしょうか?

● ブログを見たのですが、財政の平準化がPFIの目的で、財政効果があるとの説明ですが、1期工事-23億、2期工事-13億の支払いは、工事完成後すぐに支払う契約。

これで「財政の平準化」と言えるのでしょうか?

 平準化とは数年にわたり均等払いを言います。そのための特別目的会社の設立では?

● 翼小学校と比較すると、1期工事で完成した校舎の建設費は20億くらいでは?

● 建設工事が完成分を払うということであれば、平準化の意味はなんなのでしょうか?

PFI特別目的会社を作って、会社運営の費用を銀行から借り入れその利息も運営経費も税金で負担するのではないでしょうか?

 出来高に応じて建設費用を負担するのであれば、特別目的会社の経費は全く余分なものではないでしょうか?

 市が通常に造れば、特別目的会社の経費やPFIのコンサル料1億円は不要なのでは?

● 建設入札をしていないので建設コストもかなり割高だと思われます。

1期工事-23億円のうち3億円は、2期工事の前払いとか? 不可解な財政運営です…

---不可解な建設 (2期工事)---☆---

● 2期工事は体育館と集会施設でしょうか、13億の費用内訳を説明願いたいものです。

面積割をすると、かなり高額なものになるのでは?

財政効果があるのは、中央公民館など解体することにより公共施設の数を減らしたことによるもので、高浜市の将来のため市民が我慢して公共施設を減らしても割高な施設を作ってしまっては財政効果と言えるのでしょうか?

 更に、音楽会など他市の施設で開催となれば、利用料も新たに発生するでしょう?

高小建設は「建設会社のための公共施設建設では?」と疑問に思います!  

---市民の願い-------------☆---

● 市は「財政削減」の施設建設は「縮充(複合)」と説明され市民も納得と思います。

   しかし、高小建設計画は、縮充(複合)では無く、新たに「集合・集約」と言われ計画されているようです。これでは「建設費の削減、財政削減は出来ません!

当初の市の説明建設費を換算すれば「30億円」が適正なのですが「50億円」は無謀!?

⇒ なぜ、財政効果の無い施設建設を強引に推進されるのか?  

 市民が理解し、納得できるよう、きちんと説明してほしいものです。大家族ですから…

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸