t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

高浜を変えなきゃいかん! - 商工会を考える

★どこの地方自治体も同様かと思いますが、国政と同様、自民系の政党政策による市政運営が長すぎた結果、市民ら少数派の意向を反映頂く施策は実現困難なようです。

● ところが与党側の施策は「至れり尽くせり」。反体派や少数派の弱者意見は無視か?

⇒「商工会」を事例に、現在の施政を考えてみたいと思います。 

---商工会館の補助概要-------☆---

商工会館」は中央公民館に併設されました。築36年を老朽化、寿命と説明し解体!

建設当初 設立 - S55 ('80年) 建設規模 242㎡ - 3階建て
  建設費  1億 13百万円  
  建設補助 国・県-20百万円 市 - 40百万円
  実質取得費  53百万円  
  土地代  15万円/年 ( 50円/㎡・月)

中央公民館は、高浜市の文化、芸術の殿堂として活躍していました。

中央公民館 毎年-延べ5万人 *市内最多の市民利用の公共施設

最初の疑問は、市内の関係団体に又貸し。これは違法行為とか?

 団体又貸し  団体名  部屋規模   借家料金
*3階施設 ライオンズ  30㎡  3 万円・月
  青年会議所  34㎡  3 万円・月
  コンクリート組合  36㎡

 3.2万円・月

商工会

家賃収入

 110万円/年

*公共の土地で荒稼ぎ? 

中央公民館を解体し、跡地を療養病院に無償貸出を理由に「過剰補助を議決!」

さらに商工会は、市から毎年「数千万円」の運営補助を受け潤沢な運営内容とか?

 解体補助 商工会  53百万円 -36年間 家賃無償! 
入居期限      ライオンズ     61万円 又貸し先にも補償!
  H29.3.31      青年会議所   206万円  〃
      コンクリート 組合         50万円  〃
  商工会館 解体費  費用不明  市民負担
  移転先 改修費     12百万円   (エコハウス)
  国・補助返還       7百万円   (立替え)
  新館・建設補助     57百万円 予算議決(H28.6)
 解体補助計  商工会へ  1億 38百万円  

これで商工会は、また50年間以上は、家賃不要の運営が可能なようです。なぜ?

市民の疑問

・老朽化、寿命の施設を、なぜ補償? 

・契約満期の移転に、なぜ「移転補償」?

商工会館の家賃まで、市民が負担なのか?

・裁判提訴中!

この市民無視の過剰な補助漬けは異常。違法ではないかと提訴しています。

---解体に伴う市民の負担---☆---

 市民の負担  中央公民館  早期解体  資産価格 - 7億円
     解体費  解体費 - 3.5億円
 施設解体    代替施設 - 無し  新高小 - 体育館  H32年予定

中央公民館解体は、財政的負担は約10億円。更に文化、芸術の火も消されました。

⇒ かつて、ホール発表を励みにしていた市内の幼稚園、小・中・高校生、更に一般クラブは、止む無く、市外のホール施設を放浪利用の犠牲を招く結果となっています。

● さらに、解体工事の進め方は、理解できない見積制度を採用されました。

工事前から分かっていた地下水対策を工事開始後に、一社見積は不適切では?!

    (*市庁舎のアスベスト除去工事も同様の手法で「50百万円」追加工事!? 工期は 約1年も遅延??)

市民の疑問 解体- 地下水対策 巨額50百万円 単独企業に見積

なぜ、これほどまでに市民を犠牲にしてまで、商工会を優遇されるのか?

商工会組織 事務長 元市・総務部長 H28.4 退職と同時
  相談役 市長・議長  
  会員 市政クラブ議員  

⇒「情報公開請求」にて、組織構造が判明しました。

---施政を考える----------------☆---

高浜も与党多数を背景に行政運営は、弱肉強食の施策が強行されているようです。

商工会に1億円超の優遇策は不平等、過剰な施政では?!

介護保険は県下二位の高額」「税滞納者への取り立ても高圧的」「ある児童施設は数十万円に市民寄付を募集」「施設更新は70年制定。実際は40年建替え連続」と矛盾!

「中公も庁舎も、青少年ホームまで短期解体の連続は財政のムダ遣いのかぎりです!」

「更に、施設建設にあっては、予算は追加、日程は遅延。そして情報は公表されず、秘密裡に推進される態度では、不安と疑念が募るばかりの計画です!」

「思いやり 支え合い 手と手をつなぐ 大家族たかはま」 

   この精神に基づく施政運営を切に希望します!!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸