t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

高小建設の財政効果は?

血税が、適切、適正に利用されているか?  市民、お一人、おひとりが考える時と思います。

---高小の建設費の経緯---☆---

1. 市は当初、高小の建設費は「縮充効果」により「13施設-37億円」と説明でした。

  ・単独建設すれば「49億円」を要し、高浜財政は「破たん」と説明されたのです。

2. その後、建設施設を「10施設」。当然、建設費は「▲10億円減 - 27億円」のはず。

  ・当初の施設計画から「幼稚園・いちごプラザ・図書館」(約10億円)を除外されました。

f:id:t2521:20160708091225j:plain

3. 何故か 高小建設公募の予定価格を「52億円」として募集?   根拠が不透明では?

4. 結果、一社 (グループ) だけ応募され「45億円」で「財政効果有り」と評価されました。

建設は「PFI方式-15年」を採用。つまり、維持管理費も含めた一括方式です。

 新築初年から維持管理費として毎年「1億円超」を支払うことになるのです…?

 そして15年後は、市の管理に戻り、維持管理はまた別業者に委託となるのでしょう?

5. 一方、市は「PFI方式」採用理由は「均等払いで財政負担を軽減」としていますが、実際は「H31-23億, H32-14億. H33-0.5億 ≒ 計37億円」を支払予定と発表しています。

これで「均等払い」や「縮充効果」のある「施設建設」と言えるのでしようか?? 

市民からすれば、全く不透明な、秘密のベールに覆われた「財政削減効果が疑わしい巨額の施設建設」と捉えています。

---高浜の施設更新方針---☆---

☆多くの都市が、財政低減の一環として「施設更新年限の延長」を表明されています。

 碧海四市や多くの市は「80年」(安城:90年)。なぜか、高浜は「70年」と短期です。

● しかし、この70年短期でも下記資料に「45億円」削減できるとされています。

   それほど削減効果があるのなら、なぜ「80年」に延長されないのか疑問です?

 (*論地・プール運営委託期間は、いとも簡単に「10年延期」されました。つまり、業者さんには甘く、市民の血税負担は重く。という構図とも言えかねません…。施政説明や情報公開をお願いしたいものです) 

● 以前掲載しましたが、岡崎市民会館は築30年の施設をリノベーションされ「施設寿命を50年延長」とされました。このような事例をお手本にして頂きたいのです…。

高浜の「早期解体」による財政効果を説明いただきたいものです。

f:id:t2521:20170811160234j:plain

---議会の指摘--------------☆---  *17年11月 高浜市議会だより

● 議会では、非主流派(高志クラブ)議員さんから、「市債にならない債務負担」の情報公開を求められる指摘を議会でされたようです。

・市の回答は「公開対象でない、新庁舎のリース費用を市債同様に負債と認識し、算定結果を、毎年、監査委員に報告する」と回答されました。

負債情報は、納税者である「市民」にも報告されるべきです。併せて、当然、高浜小の建設負債や、PFI 経費も明示されるべきと思います。

   開かれた市政運営のご実行を切にお願い致します!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸