t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 商工会に6千万円移転補償は適正?

血税が、適切、適正に利用されているか?  市民、お一人 おひとりが考える時と思います。

---住民監査制度---------☆---  *[検索] 総務省 http://www.soumu.go.jp/main_content/000071219.pdf

・住民監査制度とは「住民からの請求に基づいて、地方公共団体の執行機関又は職員の行う違法・不当な行為又は怠る事実の発生を防止し、又はこれらによって生じる損害の賠償等を求めることを通じて、地方公共団体の財務の適正を確保し、住民全体の利益を保護することを目的とする制度」と総務省の説明です。

市民による地方自治の監視制度です。不適切な血税使途は疑問を発すべきと考えます

---中央公民館の解体------☆---  (*床面積 : 4,030㎡ <ホール付>)

・中公は、竣工S55年(築36年) 資産価格7億円を残して「早期解体!」。

   (*施設寿命「70年」宣言は適用外。商工会は「縮充」されず分離。市の理由説明無し)

 解体費は、1億33百万円。加えて、アスベスト除去-2.7百万円。更に、地下水対策50百万円と、2億円弱の工事となりました。市民は10億円近い損失負担を被りました。   (*12月-中公・西の駐車場を購入 - 1億4百万円<991㎡-地域医療振興事業-病院用地> 病院の要求事項とか…?)

分院新築時は「建設補助-20億円⊕医療補助-3億円を提供」累計60億円を提供か!?

 ・新療養病院に一般入院病床を数十床追加予定ですが、入院は宝くじ状態かも…?      

---商工会への移転補償---☆---      (*床面積 : 645㎡ 。前記の病院新築を条件として…)

市は「中央公民館の解体」に際し、隣接の「商工会館」も同時に解体とし補償提示。

 H28年-「40百万円」H29年-「15.8百万円」<移転完了-H29年4月3日-契約期限超過>

  (*確か補償項目に「カーテンレール - 3万円」等々の細かな部材も多々含まれていたかと思います…?)

この補償は過剰!  36年前に53百万円で取得物件を「56百万円補償」は非常識では?

    (*数年前、市は「施設老朽で解体したほうが安い」の説明。壊す施設を補償です…?) 

 これが今回の「住民監査請求」の要点です! (*19.1.13  中日新聞  p.22)   

   (*36年前、国・県と市は、商工会と建設費を「折半」負担とし6千万円を補助でした)

市の監査は「理由なしと認め棄却する」とのご判断です!

 (*一般的に、借地建物は「解体更地にして返却」が常識。市は解体移転補償付き?)

    これが高浜施政の実態です。気づいて頂きたいと思います。変えねばなりません。

 「大家族」のための市民生活の実現をめざして!! 

    (*「住民自治めざす会」は本件につき、裁判で裁定を仰ぐべく提訴しています)

---商工会への更なる補助策---☆---

★商工会の移転先- エコハウスの改修費 (H28年-「12百万円」貸借料-格安「月5万円」)

 そして「新商工会館の建設補助 -「57百万円」を含め『約1億37百万円』を提供決定!! 

これにより、商工会は「36年間の家賃は無料!」  移転は利益を生んでいたのです!

 ★商工会の収入は、会費をはじめ、補助金・手数料等で収入は「年1億弱」。

事業運営は余裕ある状態で、自己予算でも「施設建設費」を積み立てるべきでは?

 (例 : H25年度監査 : 収入-92百万円, 支出-81百万円 ⇒ 十分、積立可能な決算かと…?)

---商工会・移転補償---☆---   

 

中公の利用期限「市民は11月15日」「商工会は29年3月末日」。

   何故、当初の契約期限まで施設を利用されたのに補償発生するのか?

 補償理由が釈然としません!  余りにも忖度過剰な対応判断と思います。  

 余りにも「商工会」最優遇の不適切な施政です! 

 透明、公正で、監視不要な施政運営を望みます!!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸