t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 -「市政クラブ」議員さんの脱会 

☆[18.3.1 - 中日新聞・西三河版・P.16] によりますと…、(詳しくは新聞のご購読を)

・「高浜市議会」-「市政クラブ」から、また、議員さんが脱会されたそうです。

---記事概要---------------☆---

●「柴田副議長が一人会派結成」 「高浜市議会」

・最大会派「市政クラブ」に所属の柴田副議長が一人会派「青政会」を結成。

・理由は「副市長の再任」を反対表明。(反対理由は不明?)

・「市政クラブ」は「賛成の統一行動」を求めていた。

「会派方針」に反対すると『除名』?!   

---最大会派の特徴--------☆---

・「最大会派」は、自由闊達な意見発言は出来ない組織運営のようです。

・「反対」すれば「除名」は「いじめ社会」のようで寛容性が欠落では?

結果、今年度は「2名」の議員さんが脱会となりました。 

・これで「一人会派議員さん」は、これで「4名」に!

・如何なる理由にせよ「脱会議員さん」の勇気と決断を称えたいと思います。

● 市民目線では「村社会」が未だに現存している「前時代的な市議会」。

⇒「自由闊達」で「真剣」な討議が出来る近代的な議会に改革が必要と思います。

高浜市議会の変革を期待したいと思います!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸