t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 今年度の施政を振り返る

☆今月は、今年度(H29年度)の最終月です。この一年を振り返ってみたいと思います。

・市の主要な施政施策は「施設解体!」

・特に印象的、衝撃的は「永年、市民が親しんできた『市民ホール解体』でした」。

・「旧市庁舎も解体」、この意味で「H29年度は『解体年度』と言えるでしょう」。

・しかも「施設寿命に満たない『早期解体』の連続」は「もったいない」施策でした。

その意味で『浪費解体年度』と名付けたいと思います。永遠に記憶に残すためにも。

   (*現在「高浜市史編さん」中であり、市でも「確実、正確に記録化」頂きたいと思います)

 市史編さん:http://www.city.takahama.lg.jp/grpbetu/bunka/shigoto/shishi/1kai/shiryou4.pdf

* 不可解なのは「中公-地下水工事」「旧庁舎-アスベスト除去工事」。初めから分かっている工事を追加工事とされ、それぞれ随意契約「約5千万円超」!   巨額工事を追加!?  

 (*国や法律では工事は「130万円」を超えた場合「競争入札」を標準(適正)としています。そして「入札情報は非公開」。いったい、なぜ、秘密なのでしょうか?  施政全般に、不信感を大きくしています??) 

---浪費解体年度---------☆---

★「財政削減」を提唱されつつ「公共施設の早期解体」は「浪費施策」は誤謬です!

●「財政削減策」として「公共施設を長寿命化(70年)」とされているからです。

●「解体施設」-・中央公民館・旧庁舎・青少年ホーム・高小体育館、プール (予定)  

☆---中央公民館 (市民ホール) ---☆

f:id:t2521:20171223092534j:plain  f:id:t2521:20180301224159j:plain

☆ このホール写真は、最後の「高浜中学校」の吹奏楽部の発表会だったと思います。

・最後の行事のため、卒業生も加わり「市民ホール」との別れを惜しみました。

    (*さすが「ホール」音響効果は素晴らしく、体育館とは比べものになりません)

・今年(H29年)、高中の演奏発表は「碧南」のホール施設で実施されたようです。

・市内の「幼稚園・小・中・高校」更に一般も市外のホール利用に切替えは大変! 

「市民サービスレベル」は大きく低下。将来世代を犠牲の解体となりました。

[完成 S55年('80年) - 閉鎖H28年('16年)・築36年。資産価値-7億円⇒解体-2億円]

[施設 年間利用者 - 延べ約8万人は市内最多利用の施設。ホール席数-604席。]

---当時の市の説明---☆---

・施設は「30年以上」経過。施設維持のため改修費が「約10億円」も発生する。

・民間病院 (高浜分院) が建替え時期でもあり、現在地の建替えは支障多く、移転先を検討の結果「中央公民館」の土地を移転先として要望を受けた。「解体方向」で進める。

 (*経営移譲当時のお約束(契約)は「現在地に建替え」のはずを、いつのまにか変更…?)

 ---住民監査----------------☆--- 

1.「公共施設の更新周期」

  ⇒将来を見据えた財政健全化のため施設寿命を「70年」に延長が施設管理の基本方針!

  → 数十年(目安30年~35年)ごとに「維持改修」の発生は計画されるべき案件です。

 - 碧海五市、周辺市では高浜だけ「ホール」の無い街に落ちたことは市民サービスの愚劣化です。住民税や介護保険は高額とか?  不適切な施政施策に市民は犠牲です!   

2.「解体理由」

  ⇒「民間病院」の要請で「解体」は適切な判断とは言い難いと思います! 

  → 市民利用「市内最多施設」を民間病院要望で「解体」はいかがなものでしょう。

  -「この施設解体」は市初の住民投票まで発展! それほど強い市民の思いを無視とは?

  いったい誰のための施政運営なのでしようか?  不可解な施政は疑問と不信感ばかり!   

3. 「民間病院」への補助   

  ⇒ 市立病院を民間病院に経営移譲以来「8年」。既に「約30億円」を補助!

    → 市民の施設「中公」を解体(約9億円を負担)し、建替え補助等「23億円」を約束。

    - この補助行為は、近隣の「知立」「東浦」は実施されていないようです。なぜ、高浜だけ民間病院に「忍従的な対応」を迫られるのでしようか? 不適切な施政対応では?

  「市政のあり方」は無謬性が基本です!

---民間病院の建替え理由---☆--- (*後日、詳細を確認し再掲載予定)

●市立病院は「総合医療」。民間病院に経営移譲と同時に「療養型」に変更。市民説明は「広報掲載のみ」。

●「ベツド数-104床」。半数は市外の方らしい。救急対応も無く、災害時は、二次的に対応と消極的…。

⇒「人命は最優先」されるべきではありますが、余りにも説明不足。対話不足。市の独断的な推進方法は理解も納得も出来ず、多くの市民の意向と食い違っているのでは? 

●「療養型」とは、介護を主とする「寝たきり患者さん」のための医療形態。

 [検索] : 療養型とは https://www.irs.jp/article/?p=323

'17年に「療養型」廃止!  だから建替えが必要となり、急いで「中公解体!」 

 これを知りながら市民説明無く裏で画策

された公共施設の解体は裏切り行為同然!  

  まったく市民無視の高浜施政です!!

「市民本位の施政運営」が為政者の責務、あり方を取り戻して戴きたい!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸