t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 財政の健全性?

血税が、適切、適正に有効活用されているか?  市民、お一人、おひとりが考える時と思います。

---財務状況----------------☆---

★高浜が過去に受けられた財務状況のヒアリング資料を抜粋してご案内します。

●財政状況は、市民の努力もあり「概ね良好。問題無し」のようですが、最後の総括部分のコメント部分に「直感的に違和感、素朴な疑問」を覚えました。

⇒・市民全員の課題とし、皆様と吟味致したく、資料ご紹介させて頂きます。

▶[資料] : 「H27年度 市財務状況把握の結果概要」 

---財政の健全性に関する事項---☆--- (*同資料の最終ページのコメントをコピー: 黒字部分) 

●『公共施設の老朽化問題に対応した財政運営について 貴市は、行政事務を積極的にアウトソーシングすることで人件費削減に努め、起債に依存しない自主財源の規模に応じた財政運営を続けるなどにより、財政の健全化を図ってきた。』

⇒「アウトソーシング」- 外部委託の弊害に市独自の企画計画力の低下傾向を懸念…。

●『なかでも、地方債現在高の圧縮は、普通建設事業の抑制が大きな要因であるが、今後は老朽化した公共施設の更新等への投資が不可避であり、事業実施においては財政負担の軽減と財源確保が重要であると考えられる。 』

財政課題は「財政負担の軽減」と「財源確保が重要」のご指摘に対応案は…?

●『貴市では公共施設の老朽化問題に対して、「公共施設あり方計画」、次いで「公共施設総合管理計画」を策定し、施設の複合化・集約化のほか、民間活力の活用や保有形態の見直し等の検討も進めている。』⇒

●『そこで、市役所新庁舎については民間ビルの「賃借」を選択』

⇒「高額な賃料」- 独自建設とほぼ同額の「賃料」と「維持管理費」も20年間負担??

・「21年目は解体費も負担」-「維持費」に加え「解体費」も負担は異常な借り方では?

・「何より築20年で解体」-「余りにも短期! 33億円をドブにすてる施設計画は浪費!」

・「リース解体後の新庁舎は…」- リース後、庁舎更新を 後世にお任せは「無責任!」

⇒「」:  「狭小・分割の不便な庁舎は、市民も、職員さんも 20年間も我慢!」 

●また、高浜小学校等整備事業では、複合化を機に学校プールは撤廃し、民間プールを活用予定とするなど、いずれも「保有形態にこだわらない」発想で取り組まれており、今後の公共施設マネジメントにおけるモデルケースとして期待されるところである。

⇒「複合でない集合建設」-「集合建設」のため「建設は莫大な血税負担『50億円!!』」

・「プール撤廃」-「水泳授業-1km移動。二時間連続は疲労困憊」「災害時の水は?」

    (*高小は「指定避難所」-「防火用水」は消火用<80㎥>。避難生活に使えないのでは?)

・「民間プール」-「民間へプール建設費を負担-約3億円」(*学校に建設すれば1億円!)

    (*学校に「駐車場-200台」のため「プール撤廃+運動場狭小」は児童犠牲の誤謬です!)

」:「民間施設」に、 独自建設と同額相当を血税負担は莫大な「浪費」!  

●こうしたなか、貴市は類似団体に比べ積立水準が低く、安定した事業継続には財源確保が課題である。

 したがって、今後の公共施設更新等には「公共施設総合管理計画」に基づき、施設の総量圧縮、長寿命化、機能移転等を着実に進め、更新費用を抑制することで、財政負担の軽減に努めること。

 そして、現在取り組んでいる企業誘致や徴税率向上等により収入増加を図るとともに、「長期財政計画」に基づく事業費の見直し等により、健全な財政運営に努められたい

「健全な財政運営を」- 外部機関も危機感を抱かれた…?

・「積立水準が低く」- 市民には「キリギリス」に見えます。「アリ」のように着実に! 

  (*民間企業の経営努力や市民の血税を湯水のごとく施設に費やす様は「浪費」です)   

・「財源確保が課題」-「市債」の借金建設は不適切!  後世に「ツケ」は無責任!

・「長寿命化」- 公共施設の早期解体は「市民の財産を剥奪!」「市民無視は誤謬です!」

施政運営に「無謬性」を取り戻して戴きたい!

 市民の切なる願いです…。

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸