t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 介護保険料の引き上げ!

当市は「福祉のまち」を宣言され久しいのですが、他市と比べそれほど優位的な「福祉サービス」を展開されているとは思えないのが残念な一面でもあります。

 (*「福祉のまち」に居ながら、福祉に無知なため違っていたら、ご指摘お願いします)

---最近、知ったこと-----☆---

1.「介護保険料がダントツに高額なこと」 - (名古屋市に次いで県下第二位)

2.「その差額分のメリットは皆目不明な事」- (差額理由を説明されるべきと思います)

⇒「介護保険料」に見合う介護サービスであれば県内第二位の高水準のはずですが…?

・「単純に「料金が高い」だけの介護保険制度」のように思えてなりません…?

● しかし、無知な市民の一方で「介護保険を有効に活用され「快適な老後生活」を送られている方、ご家族がある」ことも実際にあるようです。

そう!「介護保険は不公平な制度なのです!」

---介護保険の問題点---☆--- (*[検索] :  介護保険の問題点 | 3分でわかる介護保険料)   

高齢者が介護を必要としていても、そもそもサービスの使い方がわからない。
・要介護の認定・調査をする人によって介護度にバラツキが出ている。
・入居したい施設(特に特別養護老人ホーム)の待機期間が長すぎる。
・保険料を支払っているにも関わらず、サービスを受けられていない高齢者の増加。
・施設の介護職員の人員不足。
・人員不足による介護サービスの質の低下。
・介護サービスに頼りすぎて、家族が全く介護をしなくなる。
認知症高齢者が増え、認知症ケアの対応が間に合っていない。
・規制が多すぎて満足のいくサービスが提供されない。
・在宅での生活を推進しているがゆえ、孤独死が増加している。

このような問題点があることを親の生活実態からも実感したのです。不公平だと!

 (*親は「介護サービス」を何ら受けることなく旅たちました…。何のための介護保険だったのか疑問です )

そして、更に、介護保険の財源確保のため「保険料値上げ」や「徴収対象年齢の引下げ」が検討されているそうです。

保険料だけでも「世間相場」に引き下げて頂きたいものです。市民への福祉策として!

   (*介護保険料の高額さは「県下第二位!」「碧海五市第一位!」は残念な施政実態です)

 (*まさか「分院入院者」にも適用される制度でしょうか? であれば尚 不公平です! 後日、確認します)

---介護保険料の値上げ! ---☆---

●新サービス提供のため、保険料や税金の値上げは当然とされるところですが、市民への貢献策として「智慧」を発揮されたか?という視点から見ると努力不足では?

・単純値上げでは「誰でも出来る事」ではないでしようか?

施設計画に莫大な血税投入を推進されますが、今一歩、市民生活に密着した施政分野へのご配慮を切望するものです。 

・全市民が同等の介護サービス提供を受けられる制度改革が前提の値上げであってほしいとも思います。兎に角「県下第二位の高額」は汚名です。ご改善をお願いします!!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸