t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 高浜小建設の疑問 Ⅲ (教育格差)

☆「教育」は、国民、市民に平等に受ける権利があると制定されています。当然、教育施設も平等、公平であるべきで、差別や格差があることは違法の疑いも生じます。    

● その教育施設が「市立小学校」であれば、尚更、市内の児童に「平等・公平」な教育施設環境の提供が、根本的な原則ではないでしょうか?

このような視点から、高浜市内の小学校の建設計画を比較検討してみました。 

---高浜小の建設計画---☆--- 

市の発表資料「公共施設総合管理計画」を基に、高浜小と、他の三校の「平均」を試算した結果です。 (*翼小は「大規模改修計画のため除外」)

  建替費の比較

 建設費 (億円)

 生徒数 (人)

 建設単価

   (百万円/人)

高浜小(校舎・体育館等)

  47.98

  617

 7.8  (236)

小学校(高取・港・吉浜)

  19.22

  588

 3.3  (100)

「建設費」が「高浜小」だけ突出しています。 理由説明はありません。

高浜小だけ「優遇」の計画です!  この特定の小学校だけ、巨額の血税投入は「不公平」「不平等」な教育施設の建設であり「格差建設」は不適切ではないでしようか?

・巷では「選挙投票」の格差是正が争われています。一票の重みが「2倍」未満が判断基準となるようですが「高小の建設単価」の格差は「2.4倍!」。これは異常です!

この異常な「教育施設の格差建設」は「誤謬」であり、児童・市民を「差別」です!!

---施政の説明責任------☆---

・このような「格差建設」は、いつ、どこで、市民に説明されたのでしょうか? 

・市民の理解と納得を、どのように確認されたのでしょうか?

知る限りでは「丁寧な説明も無く、強引な施設建設は乱暴!」と思います!

市はトーク&トーク」や「出前説明会」等の様々な機会で説明会を実施と言われますが「学校施設等の床面積の決定根拠」や「財政効果」、そして「不公平な学校建設費用」の説明を、何時、何処で、誰に、ご説明されたのか? 

・高浜小を建設の市債(借金)「22億円」の返済計画を、どのように説明されたのか?

市議会に「資料配布され、承認された」だけでは不十分ではないでしようか?

市議会や、高浜小の保護者や児童に説明だけでは不十分であり、誤謬です。

・果たして、市民 5万人のうち、説明会は「何人」「何%」にされたのか? それで、

 「十分に市民の理解と納得を得られた」とされる根拠はどこにあるのでしょうか?

この説明会の議事録も公開無く、説明会実績を非公開では納得しようもありません。

---施政のあり方---------☆---

今回の「高浜小建設」を含め「公共施設総合管理計画」は「施設 (除くインフラ)」だけでも「財政投入-350億円!」「市債 (借金) -200億円!!」という巨額の計画です。

⇒ 個々の施設計画につき、絶対、「財政効果」がある。という証明が必要と思います。

・市にとっても、市民にとっても、多大な影響が予想され、あらゆる方法を通じて「市民に丁寧な説明で理解と納得」を確認されることが、重要課題であり、責務です。

⇒「地方自治」も含め、施政運営は「無謬性」を求められる厳しい世界と思います! 

・市民の「血税」で施政運営という条件である限り、求められるお役目と思います。

・だから「お役所仕事は遅い」は当然とも思われます。

「無謬性を第一」とされ、「誤謬」の無い、まちづくり「百年」の大計の実現を切に願うばかりです。

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸