t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 – 縮充建設の疑問? Ⅱ

★「公共施設管理計画」は、莫大な財政負担の削減を目的に立案された計画です。

● 市は現有施設をそのまま建替えは「財政負担-500億円」で「財政破たん!」と説明。

・確か、H26年当時、施設計画の更新費は「約200億円」に削減できたと発表し、H30年の見直し案では「350億円」と、なんと「150億円」も増大に市民説明は資料発表だけ!?

H30年-「350億円建設は、財政健全」と「市債(借金)-200億円」計画を強行です!?

 資料発表と同時に「市民承認」では、ありません!!

パブリックコメント回答で「市民承認」でも無いのです。

 無謬性の施政は時間を要します!

---本当に財政破綻なのか?!---☆---

財政破綻すると発表された「500億円」との差「▲150億円」は、高浜財政の「わずか1年間分程度の予算額」、この額がそれほど微妙に左右するのでしょうか?

・であれば「いきいき広場-50億円」や「美術館-80億円」は、大胆な投入でした。

・「新庁舎のリース-33億円」更に「高小建設はPFI-50億円」だけでも「合計-88億円」と極めて巨額な投入では? 

・次に、今後(H30年代)、学校の大改修に「60億円」も投入予定です。これを、わずか15年で学校建替えは「60億円を捨てる計画」は、不適切極まりない誤謬の計画です! 

  (*学校なら良いのでは?  いいえ、このため将来世代は「200億円」借金を負うのです! ) 

命運を掛ける「公共施設建設」は、丁寧な説明が無謬のお役目と思います。

 総論賛成は、各論賛成ではありません!

個々の施設計画につき市民との対話が必要です!

---説明責任--------☆--- (*「説明責任」とは「説明する責任」ではない - 苦手なことは訳せない)

●「説明責任を果たす」ということは、与えられた権限を行使し自らの役割を果たし、もし任務に失敗したり、何か不正を働いた場合は、その責任を負う。最終的には出所進退を申し出て、裁きを待つ。

もちろん、その不正や失敗の経緯を明らかにするいう意味合いもありますが、より大事なのは、その責任の所在が自らにあることを認め、制裁を受け入れるということです。

どの自治体も同じかもしれません。しかし当市は「大家族精神」を表明しています。

「大家族」故に「説明無しで良い」でなく「率直な話し合い」が必須機能と思います。

---施設計画の失敗例-----☆---

●「美術館-80億円」。市財政にとって極めて巨額の文化施設を建設されました(H7年)

・築23年を経過し、漸く借金返済も間近。ところが、H33年には「民間譲渡」とは?

・「80億円施設の処分」を「計画書-1行」だけで「市民は納得」できるのでしょうか?

  (*この「80億円」があれば、県下第二位の「介護保険」の高額負担を「軽減」できたであろうに…?) 

●「新庁舎も縮充」にあらず。「狭小」だけでは不適切です。庁舎二分割は「施設管理負担の増加」「行政運営上の非効率化」「何より市民サービスの低下」となり、狭小庁舎の建設は失敗以外の何物でもありません。 

     (*旧庁舎を大改修-(19億円)」であれば「役所組織の一体化」が出来たであろうに? ) 

⇒「リース33億円建設」は、血税をドブに捨てたも同然の失策です! 

 「市民は、20年間も忍従を強いられる施策となりました」  

 この説明責任をいかがされるのでしようか?  

    しかし、急ぎ過ぎです!   何をそんなに急がれるのか?   高浜は混乱です!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸