t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 – 縮充建設の疑問? Ⅲ

★最近、市の「縮充」説明に、総量圧縮、いわゆる施設を「狭小建設」のため「財政削減」との説明に違和感を覚えています。

● 例えば、庁舎の狭小化により「建設費」は削減できたのでしょうか?

・庁舎二分割により「機能向上」したのでしようか?  市はこれを「ワンストップ」と表現されますが明らかな詭弁と思います。

・本来、「縮充(複合化)」建設は、施設形態は「一体化」されたなかに、様々な「利用施設」を包含するものと思われます。

・たとえば「シャーボ」は一本の筆形態に「シャープペンとボールペン」を内蔵。これにより、筆筐体は一個のため価格削減が可能なのです。

・高小建設施設は「建物が一体でしょうか?」「計画概要図を見る限り『体育館-二棟や児童センターは別棟方式』と思われます」

残念ながら「縮充施設」では無いのです。「集合建設」なのです。

 集合建設では「財政削減効果」は発揮できないのです。故に高小は「48億円」です!

「市内の小学校の二校分の建設費となる所以です」

---埼玉・縮充小学校との比較-----☆---

市議さんが視察された「埼玉県」の小学校を事例に建設費を推定してみました。

美南小

生徒-620名

21学級

*屋上プール

 

 

 

  校舎

  体育館

  公民館

児童センタ

  合計

床面積

6,034

2,100

481

463

9,078 ㎡

総務省単価

33 万円/㎡

36

40

33

 

建設費

199,122

75,600

19,240

15,279

約31億円

総務省単価による合計建設費は「約31億円」縮充により「実建設費-23億円」です。

 つまり「縮充(複合効果)-▲8億円<▲26%>」の財政削減効果を得ているようです。

実は「屋上プール付き」ですから、更に、財政効果はあるようです。

● 高浜小を同様に検討してみます。

高浜小

生徒-647名

22学級

*プール別途

 

 

 

  校舎

  体育館

  公民館

児童センタ

  合計

床面積

6,760

2,329+924

853

959

11,825 ㎡

総務省単価

33 万円/㎡

36

40

33

 

建設費

223,080

117,108

34,120

31,647

約41億円

総務省単価による合計建設費は「約41億円」。縮充効果を加味し「建設費-33億円」と推定。(*「公民館」は小学校校舎と一体)

・しかし、総建設費は「48億円」。この差額「15億円がPFI費用」と推定しますが、これでは「財政効果」は疑問です。

・埼玉の縮充小学校と比較すれば、床面積が30%増加だけで「実建設費は208%」

これは高額過ぎます!   常識を超えた異常価格であり「血税の浪費」です!

 (*市内小学校の建替え予定額は、約20億円。高小だけ「倍額」!?)

市は「埼玉の縮充小学校との差異を『条件が違う』の一言で『▲25億円』を説明済みとされますが、これで納得される市民が居るのでしょうか?

更に、小学校の維持運営費が「毎年1億円×15年」は、適正なのでしょうか?

・例えば、H28年度の「小学校維持管理事業予算- 約2億円」。一校当たり「40百万円」相当。新高小は「やはり維持管理も「倍額」のようです。不適正な施政です」

⇒「PFI方式」は本当に「財政削減」なのでしょうか? 不適切な方式選択です。

・この「財政削減効果を説明されること無く」

 建設強行は「市民と将来世代が犠牲です!」

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸