t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 今年度の財政計画 Ⅱ (基金)

常識的には、建物建設に当り、まずは「貯金」するものではないでしようか?

● 今回、高浜は「貯蓄無く」財源不足のなか「庁舎建設-リース」「小学校建設-PFI方式」という借金建設を選択は、まったく『キリギリス式』で適切とは思えないのです!

他市の財政動向を確認し、高浜財政の是非を再確認したいと思います。

---財政(基金)の比較---☆---

● 高浜の財政は全国でも上位にあると言われています。事実、全国73位とか…?

しかし「基金(貯金)不足」が問題です。

● 事例調査のため、ふるさと納税-全国2位の「伊那市(長野)」と比較してみました。

 (*高浜-ふるさと納税- 約15百万円。全国-1,105位 / 1,744市町村。稼ぐのが苦手な高浜) 

・自治体の財政力 - [伊那 - 789位]      <高浜‐73> 

・市債(借金)残高 - [320億円] ⇒ H15- 借金428億円を、H28- [▲108億円]

基金(貯金)残高 - [188億円] ⇒ H19貯金 44億円を、H28- [+144億円]

高浜は <借金-165億円> <貯金- 24億円>。余りにも貯金が少な過ぎは不適切では…?

    財政力に余裕のある高浜が、なぜ、貯金出来ないのか?  見直しが必要と思います。

 巨額の歳入を「バラマキ」だけでは、将来に禍根を残します…。

---財政(基金)の改善---☆---

●「伊那市は『積立基金条例』を制定」

●「基金項目も『19項目』と様々な分野の専用財源として指定し貯蓄」されてます。

⇒ 財政内容の差は「貯金(貯蓄)」に対する施政の意識の差ではないかと思います。

・高浜に「基金条例」を見つけることはできませんでした。(制定されていないのか?)

基金項目は「予算資料には『財政調整基金』『公共施設等整備基金』『その他』等の三種類程度で項目が少ないと思います」

✕・更に不可解は「公共施設等整備基金」が不足のため、庁舎は「リース」や小学校は「PFI方式」と民間資本に建設を委ねていることです。それほど急ぐ必要があるのか?

結局、貯金が無いのに施設建設を断行は、財政運営上は誤謬ではないでしょうか?

   (*「過度な借金を後世に残し、議員任期を終えたから知りません」となるのでは…?)

   (* 事実、リース庁舎は、H45年~いきいき広場とあり方を一体的に考えると丸投げ…!)

   (* 庁舎見積には築20年目の解体費まで含まれてるとか…?  施設寿命は70年目標では?)

この財政(基金)事例を比較し気づいた事は…、

 「将来の貯蓄を怠り、短期間に巨額借金を投入する様は『キリギリス』を彷彿します

 無謬性の施政は「急がない事ではないでしょうか?!」

「石橋を叩いて渡る」覚悟と 丁寧な実行が肝要です!

「施設建設の基本は、原資を蓄えてからが無謬性です!」

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸