t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 財政計画 Ⅸ (小学校の早期解体?) 

市発行の「当初予算の概要」を検討に際し「公共施設推進計画」を再検討しました。

・平成30年度 - 「公共施設推進プラン ー 学校の維持管理事業」を監査してみます。

不可解は、H30年代に「小学校の大改修」を実施計画ですが「もったいない」計画!!

---早期解体は もったいない浪費---☆---

・市内小学校の大規模改修「建設費 - 約48億円 (借金 - 28億円)」

・これを、わずか「約15年間程」で解体し建替え「建設費 - 58億円 (借金 - 35億円)」

これは「財政削減」どころか「浪費」です。しかも将来世代に借金-63億円は不適切!

---施設計画のあり方------

・学校建設は将来の人づくりの布石として重要な公共施設計画です。

・しかし、だからと言って次々と施設を早期解体し、借金を負わせる方法は「一人の日本人として、大人として、無責任な傍観は許せるものではありません!

施政の根底にある「血税」に対する気持ちのあり方を修正が必要では…?

---事例-高浜市立小・中学校の計画---☆---

● 全市立学校の施設計画概要(H70年。<高取・港・吉浜・翼・高中・南中>を集計 )

・大規模改修 - H32H40年代「76億円 (借金-49億円)」を費やす予定。

・これを「1516年程で早期解体!」。

「76億円」を15年で割ると「毎年5億円を捨てる計画」は もったいない !!

    (*施設管理計画(基準)は「大規模改修-35年間」「建替周期-70年以上」他市は80年~)

● 建替え計画 - H40年50年代に「117億円 (借金 - 72億円)」の予定です。

    (*除く、高浜小 - <建設費 - 70億円 (借金 - 38億円)>)

この「公共施設推進プラン」の学校分を、合算すると、(含む、高小)…

● 学校の大規模改修と建替えに「約263億円!」を投入。

● 学校施設建設の借金は、「約159億円!」

★『財政浪費』に加え、『将来世代』が借金返済の犠牲となり不適切な計画では?

特に「大規模改修後の早期解体」は「もったいない!」が市民感覚です!

 このような施政施策が「住みやすさ-全国553位」の低評価を招く要因では?

 何故なら「借金建設」に「まちづくりの魅力」を感ずることは出来ないのです!

 「浪費建設」に落胆と危機感を覚えます!

  このような進め方が市制50年の結果とはお粗末では?!

  施政の原点 -「市民の声」をお聴き戴きたいものです!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸