t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 財政計画(まちづくり) 

市の「当初予算の概要」につき内容検討を進めてきました。月初でもあり総括とさせて頂きます。従来より検討の中、特徴的、印象的な施政動向を抽出してみました。

---財政動向---------------

●市の財政は、全国でも上位(70位?)にあり安心と市は説明されたように思います。

・借金比率も低く全国24位!「将来の財政負担少なく、財政の弾力性は高い」と説明。

・一方、貯金は少なく全国529位!「将来の財源は不足し災害時の財政余力は小さい」と、矛盾の説明をされています。どちらが本当の実態なのでしようか?

収入は高いのに貯金少なく、使い切るという「キリギリス」の施政運営なのでは?

---施政動向---------------

●「財政削減」と言われながら、次々と「施設を早期解体」の浪費は矛盾です。

・何より残念な事態は「市唯一の市民ホール」を民間病院のために早期解体。

    (*一体、誰のための施政運営でしょう?  民間病院に巨額「53億円!」をご提供です…)

・市庁舎や高小の建設の財源を、貯金に余裕無く「民間資本」に委ね、返済は将来世代の負担としています。これは「キリギリス」そのもので不適切な財政運用と思います。

     (*高小の建設費は通常の「二校分」。財政効果は説明無し。これは浪費建設です)

・「学校」の施設や、教室・教材・什器は、不足、かつ旧態化し劣悪な状態とか?

  (*父兄参観に参加された方が、教室に入りこの実態に驚愕し、落胆したそうです…)

・巨額投資が必要な「下水道」の整備は、未だに整備途上にあり、隣接市と比べ最低の普及率は不適切!  財政の運用配分を小出しにされ超長期事業化は誤謬では?

介護保険料は、名古屋市に次いで県下第二位の高額徴収。しかし、その効果は見えません? 更に、全ての高齢者に平等に分配されるのでしょうか?  不適切な制度では?

    (*健康維持に配慮され、病院嫌いの高齢者は介護制度を受けられないと聞きました。)

ある民間データでは「住みやすさ-全国553/(814市区)」が市制50年の成果とは残念! 

  これが適正、適切な「まちづくり」なのか疑問です!

・「ふるさと納税-15百万円。全国1,105/(1,744市町村)」と施政努力の成果は残念!

・委託事業の多用は、行政財産として「ノウハウ蓄積効果」が薄いと思われます。

・様々な事業入札の「落札率」は、奇跡の高率!  これは異常事態では? 不適切です!   

この様な実態を「魅力的な街」と言われ、若者の流出を防ごうとする事は傲慢では?

 (*一体、誰にとって魅力的なのか? 若者には魅力的と映っていないようです… )

・以上、市民感覚の施政の疑問点を思いつくまま列記しました。改善を切望します!

---まちづくりへの思い------

・やがて市制50年。住みやすさ-553位。「まちづくり」は残念な施政運営の結果です。

・財政的には全国でも上位にあるのに、予算を使い切る体質的、構造的な欠陥では?

・預金が少なく施設建設は民間資本を頼り、その借金返済は将来世代に委託は不適切。

・公共施設は早期解体。狭隘道路は多く、下水道普及率は碧海五市で最低レベル。

・施政の営業力のバロメータでもある「ふるさと納税」は集金力の低い証しです。

つまり「歳入」を有効活用の「まちづくり」や「施政運営」が成されているのか?

  (*「 収入」を「貯金」もされず使い切り「施設」は借金建設は「キリギリス」です)

● 市民の声に、心寄せる事も無く、強引な「まちづくり」は、誤謬です!

・未だに「まちづくり途上」「まちの基盤が未整備です」

⇒ なのに、公共施設の早期解体は早計でした。また、振り出しに逆戻りの施政です!

(*「ホールは解体、庁舎は分割」まちづくりの将来ビジョンを示されない施政は誤謬!)  

・「ICT」や「AI」も結構なのですが、まずは根幹的な基盤づくりが先決では?

・更に、まちづくりは「説明責任」を果たされ、理解を得て進めることが無謬です!

 まちづくりスローガン『大家族』精神の発露を心より祈念させて頂きます!

・以上、財政計画から垣間見た「まちづくり」の印象です! 

将来世代が 夢と 誇りを持てる「まちづくり」を切望し

 いつか 実現されることを期待させて頂きます!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail -- 文責 矢野義幸