t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 議会報告会の中止!?

   (*しばらく個人的な都合でブログ掲載が延び延びになっていました) 

・最近、常々、思うことは、高浜の特徴の一つに「市民との対話不足」を感じます。

 そして、最近、市民対象の「議会報告会」も、とうとう中止とは残念な出来事です。

★市は「施政施策は行政と議会で決める」「議員は市民の代表である」とされ、「市民の声」は議員が代弁のため、「あえて市民との直接対話は必要無し」とされていることが、対話不足の原因と感じています。

・このためか「施政説明会」も開催少なく、「*トーク&トーク」を利用と言われます。

 (*「市民10名」を集め「約1時間」「年一回限り」で、市民要望にて行政との会合開催の制度です )

・この方法で「説明責任」を果たしたとされることに「封建的」と感じています。

   (*会合開催を要望しない市民が悪いと言わんばかりのルールと感じています…)

この施政結果が「住みよさ-全国553」と評価が下されているような気がします。

  市は、これで ご満足なのでしようか? 市民が犠牲では?

---議会の説明責任------------

・「市広報」や「議会報告紙」に、毎年恒例で実施の「議会報告会」が、今回「中止」とされる原因は…、

*市民の参加数が少ない。 (*議員さんの参加数のほうが多い)

*他の媒体で「議会動向」は十分理解可能。 (*市のホームページや、議会中継有り)

*しかし、議会にて「今までと同じ方法では、市民の理解は得られない」の指摘も…。

ようやく気づかれたようです。過去の手法の継続では時流から外れていると…。

・「議会報告会」に数回、参加しましたが、参加者が減るのは当然です。

⇒「説明」を聞いても「なるほど」も、「そだね~」も生まれず共感はありません。

  議会説明会にて、理解も納得も覚えた経験はありません! 

・報告会と言っても、議員さんは「機関紙」を読まれるだけの「朗読会」なのです。

これでは、参加した時間が「もったいない」だけ。

・市民の期待は「施政が、今、どのような状況で、どのような方向にお考えなのか?」を直接聞ける機会と楽しみに参加を、単に機関紙内容を朗読されるだけで、説明責任を果たしたとされる事に、かねがね疑問を持っていました。

市民参加が少なくなるのは当然の帰結と言えます。

・現在の「議会報告会」は一方通行の「上意下達」が根底にあるように思います。

いわゆる「市民との交流」や「説明責任」を果たすふりの「議会報告会」では無意味なのです。

・個人的な経験ですが、質問しようと幾度となく、挙手を続けましたが「時間が来ましたので終了します」には、当時、さすがに怒りを覚えました。

⇒「市民の声」を聴かれる気が無いように思います。

・「意見質問は文書で提示。後日回答する」とのことでしたが、半年経過し、「未だ回答はありません!」 

---説明責任を考える----------

・議会紙「ぴいぷる」は、議会動向を「発信」される媒体です。 

・「議会報告会」は、議員さんの議会発言の理由や、議員さんの思いを語る機会では?

・これに「市民参加」は「市民が直接に意見交換」の場であるはずです。

・これにより「議員さん」と「市民」との意見交換、交流の場が生まれる訳です。

この経緯を踏まえ「施政方向」に修正を加え、対応されるのが施政のあり方では…?

・つまり「議会報告会」は「双方向の意見交換会とすることが今後の課題」と思います!

   (*双方向とは「議会・議員さん」と「市民」との対話的な意見交流の意)

   是非、ご検討をお願いしたいものです! 

  住みよい「まちづくり」を期待させて頂きます!

   (*市の議会事務局も「議会報告会」の今後のあり方につき「アイデア募集中」です)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸