t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 「市庁舎の長期間の建設」

(*大阪で強い地震発生!  被災された方々に、お見舞い申し上げたいと思います  )

(*やはり「ブロック塀」の脆弱さが分かりました。市内の対応も必要と思います。)

----------------------------☆---

● 6月の市広報に「626() - 市役所駐車場が全面オープン」とありました。

・てっきり「会議棟を建設」と思っていたのですが、会議棟の記載はありません?

「広報」まで不可解な施政の実態です。 (*「会議棟」もオープンのようです?) 

----------------------------☆--- 

● 庁舎建設資料を再確認すると「当初の工事計画の全体供用開始は、H2910月~」

・もう9か月もの遅延は不適切です。市民にどのような説明をされたのでしょうか?

・当初説明では旧庁舎の解体理由に「改修工事では長期化してしまう」と説明でした。 

⇒「リース20-33億円建設」は、着工以来「2年8か月」は短期だったのでしょうか?

今回、この庁舎建設を検証したいと思います。

 [検索] : 高浜市役所本庁舎整備事業について

---庁舎建設の疑問------

● 市は、今後の公共施設は「縮充-複合」と言われつつ「庁舎」は分割建設でした。

⇒ これが最初の疑問の始まりです。「言行不一致」は施政としてありえません!

・結局、最終の施設形態は「本庁舎」+「会議棟」+「いきいき広場」と「三分割!」

高浜市の庁舎 - リース矛盾建設。これは市民にとっても不便な庁舎となりました。

・自治体別の「高浜の住みよさ- 553」の理由がここにもあるような気がします。 

施設建設方針と「庁舎建設」は矛盾しています。更に、公共施設は「長寿命化-70年」と言われ、リース契約-20年は、短期ではないでしようか? 二重の矛盾です。

・確か「見積- 33億円」に「解体費」まで入っていたと思います。これも不可解です…?

---疑問1-耐震性----------

・国内多くの公共施設で「耐震性向上」のため「補強対策」の施工例を散見します。

旧庁舎は「築38年」。市の施設耐用年の目標は「70」なのに早期解体を選択!?

・市は「耐震改修」につき、現在の「執務スペースを分断は不便」と解体理由を説明。 

しかし、いきいき広場(500m先)に、組織分断を推進は、執務効率がアップしたのでしょうか時々、職員さんの徒歩移動を見るにつけ疑問を強くしています。

   (* やはり、これも「血税 1円倹約」の精神は欠落されているように思います)

⇒ 巨額の血税「33億円」も掛けて非効率とは、誤謬であり浪費です! 

---疑問2-施設建設の方法------

・市は、リース選択の理由に「公共施設にシンボリックな建物を求めない」、「他の公共施設の費用に充てる」と説明ですが「リースは改修費に比べ10億円超も高額…?」

・これでは「他の公共施設の財源でなく民間にリース費支払い」の優位性は疑問です。

 (*全国的にも「庁舎リース建設」が稀有なのが、メリットが疑問の証しでは…?)

市民感覚では「旧庁舎」は「高浜 - コンパクトシティのシンボル」でした。

この施設を解体は、市民の心に「落胆」や「挫折感」をもたらしたと思います。

・市外から高浜に来訪戴いても「ホールも無い」「庁舎も狭小で貧弱」やがて「図書館」も無くし「美術館」も民間譲渡となってしまうようです? 

高浜に何が残るのでしょうか?   不可解な「まちづくり」です。 

  (*新庁舎に市外の方を案内すると「仮設…?」と質問を受けます。恥ずかしい限り )

・やはり「住みよさ-553位」の証しのようで、残念です。

市庁舎は「市民の財産」です。これを一方的に強引な解体は施政の私物化です!!

---疑問3-賃借20年の理由------  

・市は、恥ずかしい施設を20年の短期賃借とした理由は「IT化の進展により、今後の行政のあり方、行政サービスの提供方法が変化し、現在のスペースを必要としない」と説明されています。

この「IT化」期限の明記が無い事が大問題です。いったい、いつの話しやら…。

・新庁舎のご自慢の受付システムは 1年程度で運用中止のようです。導入は誤謬か…?

市民感覚では、旧庁舎を改修し、スペースに余剰が出来れば「他の行政機能や関連団体の移転同居を推進すれば良いのに…」と単純に思っていました。 

・「例えば、いきいき広場の行政組織や社会福祉協議会等を移転。更に、商工会、高浜サービス、観光協会ライオンズクラブ青年会議所、瓦組合、まち協等々」を一体化すればと思うのですが…。まったく、旧庁舎の面積でさえスペース不足と思います。

いつか「コンパクトシティの行政機能や関連団体、委託機能を一体化」が市民の願いのひとつです。施政運営が、更に緊密に、迅速になると思います!

 市民は「あと四半世紀の犠牲を我慢」なのでしようか?

   (*密かに思いを巡らすのは「現分院」の復活利用です…)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸