t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 施設施政のあり方 Ⅳ 

● 調べれば、調べる程、不可解な施設計画の連続です。気づいた点を列記します。

---施設検討の委員会組織---☆---

1.昨日、当初「あり方委員会」組織の「市民委員が 1名」だったとご案内しました。

・H27年、公共施設マネジメント委員会は「市民委員-ゼロ」で推進されました。

 (*「学識経験者-4名」+「副市長-1名」。これでは市民の声が届かないのは当然です!)

「市民参画は不要」という施政判断をされることが誤謬を招いているのでは…?

・市は表面上は「大家族」「市民は共同経営者」や「協働自治」と言われてますが、結局は「行政と議会」で決められているのが実態のようで残念な事態となっています。

これで、適正、適切に進められていれば、このようなブログ発信は不要なのですが…

---高小の縮充建設の不可解---☆---

1. 高小のプールを「学区外」に「建設工事」は、議会でも、もめているようです。

・原因は、敷地から、また「がれき」が見つかり、撤去費用「約7百万円」を緊急追加!

・日程がタイトなのか現地を詳しく調査されず見切り着工のためか工事毎に予算追加。 

  (*市庁舎 - アスベスト「5千万円」、中公解体 - 湧水対策「5千万円」、高小 - ガレキ「3百万円」等々 ) 

    (*うわさでは「工事業界では『相場に比べ格段に高額な工事』と不信感を露わに…」)

これを「ずさんな工事の連続」と指摘される市民もみえるようです。

・問題は、更に「プール予定地」で、これから基礎部分となる地中を掘起し工事があり、ガレキが出れば産廃処分となり、更に巨額の予算追加の可能性もあるとか。 

・理解出来ないのは「プール施設建設」は、民間企業に委託事業では?

なぜ、施設建設関連の費用まで、市(市民)の血税負担となるのでしょうか?

・かなり民間企業に有利な契約となっているようで、過剰な優遇策と思われます。

●「プール施設」は、民間企業に所有権が発生する施設であり「もう施設は作らない」と言われながら、民間に施設補助-「数億円」を提供は同じ事ではないでしょうか?

・更に、敷地「8,700㎡ (2,600坪)」は「無償貸付- (工事期間中)」と極めて厚遇。

 (*高浜は民間企業に優しいのは以前からですが「やりすぎ」と感じています…。 )

議会決議は、珍しく「7名 (市政クラブ)  :  6名 (公明・一人会派) 」に分かれたとか…。

・さすがに、議員さんも「不信感」を抱かれたようです。何か、おかしいと…。

・このプール運営補助は長期「30年」×「8百万円?」。適正性の監視が必要です。

  (*近隣市の小学校のプール運転費は「年70万円程度」。10倍の補助費で財政削減…?)

---高小建設の不可解----☆---

市は「今後、新しい施設は作らない」と明言されたはずです。ところが、新庁舎の隣に「会議棟」を建設。庁舎の一部と思っていたら中央公民館の会議室機能だそうです。

つまり中央公民館機能は「高小に縮充」ではなく「分離分散」建設だったのです。

・まだ使える施設を築40年で早期解体。「縮充」と言われ「分離建設」は 支離滅裂!

 これを「行政と議会で決める」と強行推進はいかがなものかと…? 

・「財政効果」を説明されない理由が分かった気がします。効果無しの建設のようです

---高小建設の不可解----☆---

● 市は「総量圧縮」と主張され、施設数に加え「施設面積」も半減化を目指しているようです。しかし、狭小施設は、機能の融通が利かないのです。不便な施設建設です。

・これは、リース建設-新庁舎「33億円」で検証済みでは…。思えば、リースは施設費が倍額となります。高小PFI 建設も、一般の小学校と比べ「倍額-50億円」です。

⇒「財政削減効果」をダンマリでなく、丁寧に説明されることが説明責任と思います。 

● 本題に戻って「施設の狭小化」につき確認したいと思います。

市庁舎   >  旧庁舎 - 7,673㎡  :  新庁舎 - 3,668 ㎡ = 100 : 48

⇒「床面積を半減の結果、行政組織を分割は、市民が犠牲。組織も縮充されるべき!」   

体育館   >  [体育センタ- 1,260㎡ + 武道館- 598㎡ ]  : サブアリーナ- 927㎡ = 100 : 50

これで 市内のスポーツ環境や振興策として、どんな機能が向上したのでしょう? 

  (*体育センタ(S52年・築41年)、武道館(S55年・築38年耐震強度有り)を早期解体! )

● 早期解体の財政効果も説明無く、狭小施設に市民を強引に追い込むのは誤謬です! 

・「体育センタ」や「武道館」の解体に賛成の市民は何人ほど見えるのか?  恐らく未確認のまま、解体強行と思われます。市民財産を行政の一存で解体は暴政では?

解体後の跡地利用の説明が無いのも問題です。果たして、何を狙われているのか?

   これで市民は如何ほどの幸福を得られたのでしょう?

  狭小の新庁舎が不便な施設になったことは事実です!

  リース33億円 - 庁舎は「もったいない浪費」です!

  また「体育館」も狭小化は市民の犠牲が拡大です…

  高小「倍額-50億円」建設は適切なのでしょうか?        

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸