t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 市庁舎リース建設の不可解

市庁舎の工事がようやく終わったようです。2年9ケ月にも及ぶ長~い工事でした。

 (*本当に旧庁舎を改修工事は「長期-3年以上」の工事となったのでしょうか…?) 

・更なる不可解は、未だに「リース建設」の費用対効果?  (*リース20年-33億円!)

⇒ 「小さな会議棟は『中公・会議室の代替建設』」や「いきいき広場への行政組織の移転先の改修工事費」まで「民間会社の融資」を受けているようです…??

・全国自治体の「財政力」 - 「73位」の高浜。

⇒本当に「お金」に困っているのでしょうか?  あえて借金を重ねているのでしょうか?  

・民間資本による公共施設の建設結果は「建設費- 倍増! -33億円」「施設寿命- 20年!」

⇒「庁舎も会議棟」も「狭小建設」は「もったいない! 血税の浪費!!」では?

      (*「高浜」は「夢の小人の国」にでも なったのでしょうか…? )     

f:id:t2521:20180627153003j:plain 

  (*「同条件」に見えますが、庁舎の床面積は「民間提案は『半分!』、寿命は20年」)

  (*「旧庁舎」を改修なら、工期は短く、費用は安価で「寿命は-最低30年」を解体! )

この不適切な施設建設の説明責任を避けられ 強行建設は市民から乖離しています。

     この「大家族」精神から逸脱の施政は、一体、誰のための施政なのでしよう?

---民間委託の建設を考える---☆---

● 一般的に「公共施設を民間建設」の場合、メリットは「耐震強度が低くても良い」。

  [検索] : 鹿島:大切な施設には高い耐震性能を

つまり、その分、建設費は格安 [半額以下] が相場と言われています。

ところが建設試算や概算見積は「公共施設」の標準積算単価を適用のようです?

民間資本建設のメリット(費用対効果)が無い 施設建設となっているようです…?

市庁舎は「災害対策本部機能」を発揮すべき重要な公共施設です。従って…、

・庁舎は「市内最高、あるいは国内最強レベルの耐震強度が求められる」と思います。

これを「民間施設並み」の耐震強度で建設し、

       建設費用だけ「公共施設並み」とは不可解…!?

この説明責任を果たして戴きたいと切望します!   「大家族」ですから…。

---ある市民の情報によると---☆---

この庁舎建設、公共施設の建設は「工事完成日」が遅延してしまったとか…? 

広報には「6月26日、駐車場開場」と案内があったと思います。会議棟は…? 

  (*広報は「会議棟完工」を最優先に訴求が第一なのに、駐車場をアピールの理由判明!)

・ご指摘によると、実際は…、

① 本日(6/26)、「会議棟下にある車庫(市庁舎置場)」の工事をしています。<遅延>

② 階段の手すりが取り付けていないところがある。<遅延>

③ 側溝のふたを短くしなければ入らないところがあるが、三角コーンを仮置き…。

・更に、情報では、書類上は「完工日 - 6月20日」。「引渡し - 6月25日」

どこまでも民間企業にやさしい「高浜」のようです。

・しかし、工事管理としては不適切! しかも「公共工事」では無謬が絶対条件です!

・更に、不可解は、「施設はシンボリックにしない」と「仮設庁舎」を建てられ、しかし「会議棟」周辺は「瓦」満載…。  (*意匠的には、結構なことと思いますが… )

この「言行不一致」に違和感と不信感を抱いてしまいます…。残念な施政です。

施設建設を「縮充」と言われ「分離分割」建設も この不信感の原因…。

    あたかも、イソップ物語の「オオカミ少年」を彷彿させます。

 市民はこの矛盾施政を「忍従」と「容認」だけで良いのでしょうか? 

   公共施設の借金建設は将来世代が犠牲です!!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail -- 文責 矢野義幸