t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 甘い議会審議

● 「高浜市勤労青少年ホーム」(高浜市論地町5-6-4) は、既に解体されました。 

f:id:t2521:20180701152349j:plain f:id:t2521:20180701152706j:plain

・竣工は、昭和50年4月、築42年の、まだ利用できる施設を早期解体は「もったいない」血税の浪費と言えます。残念な施政運営です。

・個人的にも「娯楽室」を利用させて頂き、換気扇など空調も充実した施設でした。

・跡地は「民間企業-プール運営会社」に貸付され、高小の水泳指導に活用予定です。

・このプールの水泳指導の補助費は (推定) 「約8百万円」×「30年間」の情報もあり。

 (*高小に設置のまま-「維持費-年百万」。防災上も有効であろうに…もったいない )

---施設建設の問題---☆---

・さて、今回の問題は、またもや「整地作業」で「恒例の追加予算発生- 約7百万円!」

・解体後の整備途中で「ガレキが出た!」- 約860㎥程度だそうです。

   (*中央公民館、旧市庁舎、高浜小、青少年ホームと工事毎に追加予算は異常では? )

   (*-それも皆、予想通りの追加工事なのです。これを随意契約(競争無し)は、不適切!)

・市政クラブの統制強く「賛成-7名」:「反対 – 6名 (公明+一人会派)」にて議決承認されたそうです。

⇒ しかし、本当に「860㎥」もあるのか? 現場確認をしてきました!! 

f:id:t2521:20180701153218j:plain

☆やはり結果は「黒!」・860㎥であれば、積上げ高さが「2.5m」であれば「底辺は20m四方」必要では?

⇒ 実測結果は「18m×10m」。これを体積試算(立方体)すると「約450㎥」と半分…。

議員さんは「現場確認」もされず「賛成」は無責任では?!

(*「分かっているけど、止められない」議会運営なのでしょうか? … 不適切です… )

---施設建設の問題----☆---  

この「約860㎥」と増し積み説明の「ガレキ産廃」の処分を「プール会社」に委託!?

・更に、跡地「約8千㎡」の上部のガレキを含んだ土をスキトリ、合せて、推定「約4千㎥」の残土処理を、またもや「予算追加!」 次回、臨時議会にて議決予定とか…?

度重なる「巨額工事を随意契約」で議決とは、あきれた施政運営としか言えません!

●「財政削減」のはずの「高浜公共施設計画」は莫大な浪費を強行されています!

  不適切 極まりない施政は許されません!!

  (*「随意契約」: 発注先を決めて発注。原則は「競争見積」にて最安値の業者に発注)

  (*「随意契約」は受注業者の言い値で発注の可能性が高く、乱用は警告されてます。)

高浜は、この「随意契約」を多用傾向が見受けられます。監視が必要な事態です!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail -- 文責 矢野義幸