t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 施設建設-PFIの不可解? Ⅴ

・高小・PFI 建設の再考を続けます。

---施設計画のあり方---☆---

●当初、市は「今後の施設建設のあり方」は「縮充」と言われ、大学の先生を招き、説明会まで実施され、これに市民も同調させられた傾向が見受けられます。

・高浜小も、築40年を経過し「中央公民館機能と複合化し建替え」と説明され、「縮充・PFI 建設は財政効果も絶大」とアピールされてました。

疑問は、効果絶大を「金額」で示されないことです。言葉だけの効果訴求?!

更に、最近、今の方法は「国」の方針と逆行していることが分かりました!

   市民は、行政から、誤謬の情報提供を受けていたように思います。

---国の施設方針-------☆--- 

[検索例] : 文部科学省の学校施設の方針 - 長寿命化

http://www.mext.go.jp/component/b_menu/shingi/toushin/__icsFiles/afieldfile/2015/04/08/1356232_1.pdf

総務省国土交通省文部科学省等の政府省庁は「公共施設の長寿命化」を基本方針として、県、市等へ、提案要請を発信されていたようです。

国は「施設の長寿命化計画」を作成し、これに基づき「公共施設総合管理計画」を策定し、個別の施設毎に「長寿命計画」を立案し、対策実施と提案要請のようです。

しかし、高浜は「国の提案要請に逆行して、次々と公共施設を解体」は誤りでは…? 

f:id:t2521:20180707131425j:plain ※施設の長寿命化が第一!

中央公民館(築36年)、旧市庁舎(築40年)、青少年ホーム(築42年)を次々と解体は、

  国策に逆行する施政だったのです。なぜ、このような暴挙を遂行されているのか?

・市民にとって「資産価値のある施設解体の損害は十億円は超える巨額であり、市民の財産を勝手に解体は市民無視では…? 」この誤謬の施政は許されるものではありません!

・またまだ、この得体の知れない「ハコモノ計画」は強行の一途をたどっています!! 

このような実態は、行政職務や市民に対する背信行為であり正す必要性を感じます!

---市民の素朴な想い---☆---

高浜の施設管理方針は国が警告した「財政負担」が増える方法を選択です!!

国は [「長寿命」⇒「解体・更新」] ・高浜は [「早期解体・更新」⇒「長寿命」]

  その施設寿命も「短期-70年」。いまや「百年」がチャレンジすべき寿命目標です。

・「説明責任を果たされず (*恐らく理由説明出来ない)」で早期解体は施政の暴力では?

・「縮充」と言われ、別棟方式の建設構造では「財政効果」は得られないのです。

   庁舎の会議棟、高小の体育館-二棟・児童センターが別棟方式です。 

・「リース」・「PFI方式」の「財政効果」も疑問です。実態は血税の浪費では…?

      なぜ、数十億円も余分に出して、民間団体との関係強化を図られるのでしょうか?  

     (*この関係強化のため「早期解体」と思われます。市民のためではないようです? ) 

・「青少年ホーム跡地事業」も不可解な民間企業への優遇策を開始されたようです。

    無謬性の施政を取り戻して戴きたいものです!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸