t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 防災を考える

今日の風は体温より高そう。この暑さは異常です。今年は、何か、変ですね…?

・「天災は忘れたころにやって来る」とは、よく聞く言葉ですが、日本列島は、ここ数年、毎年というほど、この天災に見舞われているように思います。

・そして「歴史は繰り返す」の言葉にもあるように、この三河にも、戦時中 (昭和20年)、「三河地震」が発生しました。この再来の可能性を忘れないようにしたいものです。

   [検索] : 報告書(1944東南海地震 1945三河地震) : 防災情報のページ - 内閣府

   (*「呉竹のお寺さん」に疎開の児童が、本堂の下敷きとなり大勢亡くなられたとか…

   「三河域の死者は、なんと『2,300人超』も犠牲になられた」大災害だそうです!」)

天災は、遠い地域のものでなく「明日は我が身」の認識と緊張感が必要と思います!

---今回の豪雨災害に学ぶ---☆---

1.「未曽有の豪雨」に加え、「脆弱な防災施設」や「不適切な維持管理」の結果と指摘もあり、人災の面も少なからずと、多くのマスコミ報道がなされています…?

⇒「自然現象による被害」と片付けられない国造りのあり方が問われているのでは?

2.「山」や「川」の自然環境条件を軽視された「まちづくり」が被害を拡大か!? 

砂防ダム」「護岸堤防」で自然を制御できると「傲慢な施設」が破壊されました。

・「住民の命を守る」という視点から地域づくり、施設・インフラ整備が求められます!

「日常的な施設点検や維持管理の点検保守」も重要であることも分かりました。

3.「防災無線」では、住民に、危険情報や避難指示を伝達出来ないことも分かりました!

「深夜」の音声連絡は「豪雨」にかき消されて聞こえない状況となったようです。

4.「避難所」は「避難者を詰め込めば良い」とする時代ではないような気がします。

「避難所」の生活水準の向上に配慮することも必要では?

5.「復興」のあり方は「ボランティア」の力を如何に、有効に、効果的に活用するか?

「ボランティア」への対応方法や待遇にも配慮が必要と思います。

 (*全て「ボランティア」に押し付けて「受付・人員配員」だけでは失望されるだけ… ) 

6.「災害ゴミ」の処理計画も事前作成がひつようなようです。 

 

---日常の防災活動---☆---

「防災マニュアル」も一度作ったら終わりでなく、毎年、見直し改善が必要です!

防災情報の適時的な周知のあり方、深夜対応の方法、高齢者の避難支援体制等?

●「市民の防災意識」を如何に高めるか?  ・如何に備えるようにするか? 

避難訓練にも参加しない市民の意識喚起、各家庭の防災準備等の確認等

---高浜の防災・減災---☆---

● 気になるのは、新庁舎の位置は「防火用水」があったように思います。この代替は?

● 高小・避難所機能の「プール」を解体!  避難所の用水確保や消防水利の代替は充分?

「青木町」の「消防水利」機能を解体し、代替機能も準備せず、ハコモノ建設を強行は「安心・安全なまちづくり」に反します!

 (*「プール容量」: 12m × 25m × 1.2m ≒ 360㎥ * 市の「100㎥」で十分の根拠は? )

●「ライフライン」の復旧に最も期間を要する「上下水道」。このための「防火用水」や「プール」を解体とは「安心・安全なまちづくり」に逆行と思いますが…!?

ハコモノ」建設より「安心・安全」を優先すべきです!

小学校の校門には「施錠」管理を!   (*県教育委員会方針です!)

 まちには「防犯カメラ」を!      (*隣街はもう千台。当市は10台??)

  ハコモノ借金建設を強行は、市民の安全から乖離か…?

  余りにもバランス感覚が失われた「まちづくり」です!  

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail -- 文責 矢野義幸