t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 施設建設の無謬性のあり方 Ⅱ 

● 高浜の短兵急な施設建設は、市民への説明も整合性を欠き矛盾を強く感じています。

・庁舎が竣工した現在でも、その「財政効果」は虚偽の説明ではと疑念を抱きます。

・無謬性を使命とされる行政の説明資料を再確認してみましょう。

 [検索] : 高浜市役所本庁舎整備事業について

  (*いつのまにか下記の資料は「削除」されていました。何を隠そうとされているのか?)

f:id:t2521:20180627153003j:plain

・資料では「市が整備の場合」-「建設費-19.9億円」+「維持運営管理費-12.6億円他」

⇒「合計37億円

・民間提案の「リース建設」- 「建設費-14.4億円」+「維持運営管理費-14.1億円他」

⇒「合計33億円

・財政効果は「リース建設」が「▲10%」を削減という説明のようですが…?

---市民目線の財政効果---☆---

・施設面積は「旧庁舎整備- 8千㎡」、「民間リース- 4千㎡」と面積半減ですから「安価」は当然!  市民目線では、3割~4割安価も当然かと思うのですが?

逆に、面積半減の効果として「▲10%」しかないとは、不適切と思われます。

● 旧庁舎を最大利用すれば、行政組織を一体化できた可能性もあると思われ解体は残念!  

リース庁舎は面積半減のため、行政組織を更に分割し、施設も二分割!

維持・運営経費は、二重の経費を要し、経費増では意味がありません!

・また、庁舎狭小化の二分割は、行政スタッフが、本庁と別棟の「いきいき広場」までの往復の移動時間も増加し、執務効率が低下では? 

結局、リース狭小庁舎の財政効果は、経費増となり、執務効率も低下で「▲10%」は絵に描いた餅同然ではないかと想像します!?

市の施設方針は「縮充(複合化)」。基本方針から逸脱してまで「リース採用!?」は謎?

なぜ、そこまでして民間団体との関係強化に配慮されるのか、理由は不明です。

● 施設寿命を「20年」とする、根本的な設定条件も不可解でなりません。

・どうして、それほど「早期解体」に固執されるのでしよう?  理解出来ません! 

旧庁舎を耐震改修すれば「30年~40年」は維持管理できた可能性もあります。

・事実、市の施設管理計画では「大規模改修計画」を「35年周期」としているのですから…。これを「20年」とは矛盾であり誤謬です。

・行政の庁舎整備計画は、市民に虚偽の説明をされて強行された可能性もあります!

 このようなことは、ありえないこと。あってはならないこと。と思います。

 しかし、矛盾と虚偽の説明をされてまで、なぜ、施設建設を強行されるのでしょう?   

 残念です!! 無謬性の施政運営を切望するものです!

---市民の素朴な疑問---☆---

市は庁舎リース建設先に「いきいき広場」の改修まで発注されているようです。

・「現有施設の改修」を、わざわざ高額となるであろう「リース」委託とは?

⇒ この財政効果を説明された資料をみつけることは、まったく出来ません。

  秘密裡に推進されているようです。不透明な施設改修です…。

・市は「地元に血税を落とす」の配慮も低いのは疑問に感じています。

民間提案の「リース建設」-「建設費-14.4億円」も疑問です。

・この建設費は「総務省単価-公共施設-建替- 40万円/㎡」を適用され計上されてます。

・しかし、実際は「リース-民間施設扱い」のため、耐震性ランクも低く、建設単価も安価なはず。   (*工務店の方、曰く「半額」でも建てられる… )

本当に「リース建設」は有効なのか、専門家を含め検証が必要と思います。

しかし、問題は、市民に不適切な説明をされ、公共施設の建設方式を納得させたことは「裏切り」に近い行為と思われ、無謬性は欠落しています。

・当時、財政効果「▲10%」もあるとされた資料では、「床面積」の差異や、「耐震強度」の差異を、どのように説明されたのでしょうか?  不可解です。不信です。

・そして、今、その資料は「削除」され、証拠隠滅工作とも受取れます。不適切です。

「あってはならない」施政運営が強行されているように思えてなりません!! 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸