t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 高小・プール建設の不可解!? Ⅳ

● 高浜の施設建設 「プール問題」も四回目です。また、例によって「予算追加-1億3千万円!!」。工事ごとに予算追加が常態化しています。不適切な施政運営では?

本当に「財政効果」があるのでしようか?

・普通なら「1億3千万円」もあれば「学校プールを建設」出来る巨額です。

⇒「プール建設予定地」の残土処理に「1億3千万円」を追加は「異常事態です!」

     (*実際には「18年度-46百万円」「19~20年度-82百万円」と不可解な三分割? )

「来る、27日(金)・臨時議会で審議予定!」とか?  余りにも強引すぎでは…?

---残土処理の不可解?---☆---

・「青少年ホーム」解体時、地中から「瓦」や「レンガ」等を発見!

旧市庁舎の「アスベスト」と同じ。かつ、大阪の小学校建設の話と同じ構図…?!

・この「ガレキ」を含む発生土の運搬、処理の見込み量  ⇒ 「4,500㎥」 

議会では「4,500㎥」の根拠がわかる図面を要求されたそうですが、図面提示無し!?

・跡地の「どの場所」を、「どの深さ」まで掘るのか? 「ガレキ含有量は?」

議会も行政説明を鵜呑みにされ、現場確認せず「賛成承認」は無責任の極みです!

・この「ガレキ」をふるい分けて、再度、埋め戻し土を運搬 ⇒ 「1,100㎥」(25%)

やはり、見込み推量で「根拠無し」

市民の現物確認では「発生土はほとんど『土』」。逆に「ガレキ」が「max1,100㎥」程度と思われます。施設建設への影響度合いがそれほど大きいとは思われません!

● 仮に、全量処分の経費を試算すると、1億3千万円÷4,500㎥≒「29千円/㎥」の高額!

---あるネット情報による「残土処理単価」---☆---

1.残土漉取  約2,000円/m3 ⇒ 高浜単価 : 「1万円/㎥」と相場の五倍! 

2.残土積込  約1,000円/m3

3.残土運搬  約1,500円/m3

4.残土処分  約5,000円/m3

(※上記に諸経費を加えても9,500円/m3程度です)

残土ガレキ処理「1億3千万円」は相場より「3倍」高額のようです。不適切では?!

---市民の素朴な疑問----☆---

● 同跡地にて「青少年ホーム」は建設出来たが「プール建設」が出来ない理由は何か?

● ガレキを含む跡地には既に「パイル」が打込まれています。「ガレキ」がどのような悪さをしたのか?

 (*一般的には「ガレキ」がある場合、パイルや杭が打込めないと言われている…?)

● 施設建設につき「プール運営会社」とどのような「土地契約」「施設建設補助」「施設運営契約」を取り交わされているのか?

市民に説明されず強引に推進は、大阪の小学校建設と同じ構図と思われます。

施政運営は「市民が主体」です。

・これを忘れ、不透明な施設建設を強引推進は「市民不在」では…? 誤謬です!!

 無謬性の施政運営を切望します!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸