t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - プール建設の不可解 Ⅵ

●「財政削減」で始まった公共施設計画は、次々と強行される建設工事ごとに、途中で「予算追加」され、財政は膨張し、工期は遅延、延長という有様です。

   (*市庁舎-20年リース-32億円!  小学校-PFI-50億円と通常の倍額の建設費は浪費では? )

・今回の「プール建設」でも同様に、解体工事途中で「産業廃棄予算の追加」は、工事管理のあり方に疑問が膨らむばかりであり、残念な施政と言うしかありません。

・普通の小学校のプールなら「1億円」が建設相場を、「民間プール」建設は「土地整備」だけで「1億円」を軽く超過は、その「財政削減効果」は疑問となるような工事を強行は不適切なのでは…?

果たして「血税負担の土地代」は回収できるのでしようか?

 単純計算では、追加工事分だけでも「1億7千万円 ÷ 30年 ≒ 約570万円 」?

---怪しい土地整備---☆--- 

1.土地手当の方法 

市民が利用中の公共施設「青少年ホーム」 (築42年)を解体 (4千万円)。その跡地を提供! 

・決して「市の中央に立地」とは言い難い場所に位置し、将来、全小・中学校の水泳指導施設拠点として適正、適切なのかも疑問です。

余りにも「民間優遇」の施設建設と、巨額の運営補助を含む財政効果は疑問です! 

 また、学校エアコン「0%」のように、児童生徒が犠牲となることも予想されます!

2.「産廃」処分費の責任区分のあり方

・大阪の小学校は「産廃」で地価値下げ、高浜は「産廃」で工事費追加は怪しい限り。

・「産廃」があると言われる土地において、市は、かつて「青少年ホーム」を建設したのに、今回、なぜ「民間プール建設」には「産廃」処分が発生するのでしょうか?

⇒「産廃」処分費は、民間プール社の負担が適正と思われます。受益者負担です。

    「民間プール建設」のため「産廃」処分を市民(血税)負担の理由が分かりません!?

    「水泳指導」はプール営業時間の「1割」に相当。過剰な負担割合と思います。

3.「産廃」処分単価の妥当性 

・「産廃」が「陶器・ガラスくず等」とされるなら「4万円/㎥」は高額過ぎます。

・一般的な相場資料では「積込み-1千円/㎥」「運搬-2千円/㎥」「処分-6千円/㎥」。

⇒「産廃」と一言でなく「正確に内容物」と「体積・重量」を説明されるべきです。

 「内容物も体積も分からない」産廃を、予算取りとは大胆な施政判断と思います。 

4.「地盤強度」の問題

・「青少年ホーム」跡地は埋立地のようです。建設当時の「ボーリング調査」では、表土から地下2mまでは、地盤強度が若干確保されており、更に深くなると、約6mまで「全く弱い」という試験結果のようです。

なぜ、わざわざ「地盤強度」が弱くなるような方法を選択? 

  なぜ、「追加工事」が発生となる方法を選択されるのか? 

     それほど「工事追加」されたい理由は何か?  

5.「工事業者」さんの選定

・恐らく「恒例の随意契約(指名入札)」ではなく「競争入札方式」を選択されると思いますが、ひょっとすると、決まっているのかもしれません? 

 公正、公平な入札遂行を切望するものです!

市民にできることは「監視」しかありません。関心を寄せて頂きたいと思います。

   余りにも不可解な施設建設!  なぜ、ここまで強引強行なのか?  疑問です?!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸