t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

町内で起きた不可思議な現象??

高浜市の自然破壊は、目に余るものを感じています。人間は征服者であるかのような傲慢さも感じています。このためか「公園面積」は狭く、目標の半分程度が実態では ?

・芳川町に「海の公園」と言われる、樹木や遊具が設置された公園がありました。

・「衣浦湾」の県の埋立地を「野球場」にする事業が持ち上がり、町民の希望である公園や樹木存続の意向より「野球場」が優先されることに…

結果、町内の公園を廃止」「駐車場に転用」のため「樹木約40本を全て伐採」という過酷な方針に、町民は約百名を超える嘆願も出しましたが無視されました。

せめて、下記の「桜」(樹齢約50年)だけでも守りたかったのですが、力不足でした… 

f:id:t2521:20180803224438j:plain f:id:t2521:20180803221058j:plain

 

---不可思議な現象---☆---

現在、当該の公園跡地は、全面、整地され「約60台」程度の駐車場に整備推進中。

・一角に「トイレ」建設の予定だそうです。  

f:id:t2521:20180803220218j:plain

  

・しかし、先日の「台風一過」後、驚きました!!

・堅牢であったであろう「トイレ - 鉄筋枠」が見事に曲がり「芸術的なオブジェ」のような状態になっています。突如、一夜城のごとく一晩で「作品」化していたのです!

・周囲の金網フェンスへの台風影響は皆無なのに「なぜ、新設途中のトイレの鉄筋」だけが、ここまで優美に湾曲している様は「不可思議」そのものです。

f:id:t2521:20180803220458j:plain f:id:t2521:20180803220604j:plain

本当に、今月一杯で「トイレ完成」するのでしようか? また、この工事も延長??

 最近の市の工事管理も「不可思議」!   「予算」は追加、「日程」は延期の連続です 

---鉄筋枠の倒壊---☆---

・これが本当に「自然の成せる業」であるなら、目に見えない力 (*神風?)が働いた証しなのかもしれません!? 人間の傲慢さに対する警鐘、警告のような気がします。

・また、この「運動公園」の名称も傲慢の表れです。園内には「一木一草も無い」のに

「高浜芳川緑地多目的公園」??   どこが「緑地」なのか?

・荒廃した砂漠のような運動場で、懸命にボールを追う少年の「心」に、如何なる自然観を醸成することが出来ているのか? 教育環境として劣悪で、残念な公園なのでは?

・「自然」に対し、敬意を払う気持ちが大切と、教えられているように感じさせられる「不可思議な鉄筋の作品」となっています。なかなか 見ごたえはあります! 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸