t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - プール建設の不可解? Ⅷ

・お盆の終わりと共に、酷暑も山を越えたようです。久々にエアコン無しで過ごしています。どうも「29℃」辺りが「エアコン」要否の境界線のような気がします。

・先日、市内のお母さん達が始めた「学校エアコン設置」を求める署名は、短期活動にもかかわらず「3,200筆」を超えたそうです。市は無視されるのでしょうか?

---青少年ホームの残土処理の不可解---☆---

・市民の声を市政に届けるのは大変です。明らかに間違いと分っていても大人の事情なのでしようか? 方向修正までたどり着くのは極めて希なのです。

明らかに事実と異なる「青少年ホームの瓦ガレキの残土量」は不可解な事象です!

・青少年ホーム跡地の表土には、市民や素人には、一見して分らない「瓦ガレキ」が有るとされ、同跡地の西側に「ブルーシートを被せた産廃残土」が山積み状態です。

これは跡地の表土を鋤取り山積みし「*約720㎥」。費用も「約7百万円」とか?

    (*これを単価計算すると「1万円/㎥」世間相場の二倍以上の高額です)

f:id:t2521:20180817222502j:plain

・この産廃残土(瓦ガレキ)は、現在、県外業者が工事中の*基礎杭工事の産廃土壌と合わせ「推定約4千㎥」と推定。これを産廃処分費として「*1㎥当り約4万円換算」され「約1億3千万円」の予算を計上されたのです。

 (*「1億円で学校プール建設」の事例もあります。もったいない血税の使い方では! )

 (*通常の産廃「瓦ガレキ」の処分相場は「1㎥当り約1万円」。なぜ「4倍」なのか?)

  [検索] :

f:id:t2521:20180805140458j:plain f:id:t2521:20180805140600j:plain

---更なる不可解な疑問---☆---

●現在の山積み「産廃残土」は「720㎥」も有るのか? ⇒ 実態は「450㎥」です! 

・市の説明は「土を積み上げた場合は空気を含むため1割増し」となる。このため、実際は「650㎥」と説明されたようです。

 (*工務店さん曰く「ガレキ混入の場合は、割増しないのが業界の常識。おかしい!?」)

・現地の山積み土を測定し、計算してみました。 [検索]: 四角錐台の体積 - 高精度計算サイト

 ⇒ 産廃残土(大)「400㎥」+(小)「50㎥」≒ 合計「450㎥」程度が妥当では? 

---適正な血税(市民負担) のあり方---☆---

産廃残土は「約200㎥」(約4割)も多く請求処理された可能性があるのでは?

今回、予算化された産廃最終処理の単価を適用すれば「200㎥×4万円≒800万円」も過剰支払いとなる可能性も想定されます!?

建設業者の基礎杭の固形産廃分と、どのように仕分けるのか? 仕分け出来るのか?

なぜ、高浜市民は民間企業の産廃処分に「1億円超」の負担を課せられるのか?

高浜市は民間企業に優しいのですが、産廃処分費まで負担するのは不適切では?

 市民が負担する約束をされたのでしょうか? 説明責任を果たされるべきでは? 

● 市政への無関心は、この乱暴で不適切な血税の使い方を容認する事態となっています

現在の「ハコモノ」重点の施政を改め、

「子ども」や「市民生活」の拡充に方向転換が

「大家族たかはま」のあるべき道と思われます!

「高浜小」だけ「倍額の50億円事業」とは不適切なハコモノ計画では!?

高小建設等が「学校エアコン設置」の決断が出来ない主要因となっているようです…

「学校エアコン設置」も出来ない事態に「民間優遇」なんてありえません!

 原点に戻り「無謬性」の施政運営に切替えるべきです!!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸