t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 市庁舎建設 - 説明資料の改ざん!? Ⅱ 

・残暑、厳しき折柄、くどい説明(検証)で申し訳ありません。昨日の復習です。

・「削除」された資料を基に、再度、検討したいと思います。

     (*施設竣工後、施設建設の説明資料を改ざん自体が「怪しさ」の証しでは…?)

 

---資料の説明主旨---☆---

●「リース建設-20年」の優位性を表しています。市の説明は「リース-33億円」は「旧庁舎-大規模改修」より「安価-約10%削減」。「支払い-平準化」と説明されています。

「リース建設-20年」と「旧庁舎-大規模改修」は同じ。費用削減-1割も安価。

・これに「疑問」を感じています。市の説明の通り本当に同じなのでしょうか?!

---比較検討(復習)---☆---

1. 庁舎の床面積  (旧)- 約7,800㎡  (100)   (リース)- 約3,700㎡ (47)

 ⇒ 説明会では「リース-約5,000㎡」と誇大説明。 (*反感を抑えるためか…?)  

2. 庁舎の建設費  (旧)- 約37億円  (100)   (リース)- 約33億円  (89)

 ⇒ 説明会では「約10%も削減」と説明ですが、条件は同じでしょうか?   

   (*床面積-「半減」なら効果少なすぎでは?  民間施設仕様のため、更に安価のはず)

  (*市民に正確な情報を開示せず、情報操作され説明された気配が濃厚です…不適切!) 

3. 施設寿命    (旧)- 約35年  (大規模改修)  (リース)- 約20年 (契約) 

説明会では「旧庁舎-耐用年数を60年とした場合」と「リース前提の説明」

 現在、公共施設寿命は「70年」(*他市は「80年」) 。「大規模改修-35年」の方針!  

 この「公共施設管理計画」とも矛盾の説明で「32億円」建設を決議とは不可解?! 

2037年!「リース解体」+「庁舎更新」の場合、「リース優位」は成立しません!? 

  「リース建設の」誤断は、後世の市民に申し訳ない気持ちで一杯です…

4. 建設期間 (リース)- 着工:H27年11月~(会議棟)- 竣工:~H30年6月 

 ⇒ 建設期間は「2年7カ月」。当初の計画より約1年間も遅延。そして「情報カフェ」とやらは、未だ、運営開始の見込みは無いようです。絵に描いた餅同然では…?

    (*曖昧な説明で「騙された」感を強くしています。心配は「高小」建設構想です?! )

    (*誤謬の施政判断の責任は市民となるようです。「説明責任を求めたい」ものです)

---市民の素朴な想い---☆---

調べるたびに「施政はお任せ」では「あぶない」と痛感しています。ありえません!?

・「ハコモノ」に注力のあまり「学校エアコン」も決断出来ない事態は危機的状況です

・これは「無謬性」や「適切性」も欠いています。特に「市民説明会」にて、事実と異なる説明を展開され、その場限りで施政を強行される姿は許されません。

・「ハコモノ行政」で、始めに「庁舎」から着手がそもそも「自己中心」の現われ!

 結果、「市民や子ども」が犠牲の施政運営となっています。本末転倒の事態です。

・視野を広げると「県庁舎-1938年(築80年)」「名古屋市庁舎-1933年(築85年)」

公共施設を大切に利用されています。この精神を学んで戴きたいものです…

  第六次計画の「ハコモノ建設」は、後世の市民の批判の的となることが多分に予想されます! 

 「大家族」である市民の無関心さも同様と思います。

 今の高浜に求められるのは、市民の施政への関心度合を高めることかもしれません!? 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸