t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 施政の透明性

高浜のまちづくりのスローガンとして「大家族たかはま」と提唱されています。

・思うに、現実は「大家族」で無いため、あえて「大家族」と主張されているように思います。印象として「施政情報の非公開」が多く、市政がブラックボックスで強引に推進され、本当に適正、適切な血税運用がなされているのか? 私物化では無いのか…? 

・少し施政をかじるだけで疑問が噴出し、不可解な事態が山積となります。

 (*財政力‐全国50位にありながら「学校エアコン-設置率『0%』」もその疑問の一例)

・この施政の透明性の尺度として「情報公開」という制度があります。

 [検索] :  高浜市情報公開条例

・施政につき、市民が疑問に思う事や、施政情報につき、その施政資料を市民が申請により、提供される。というものです。

・特に、血税が有効に活用されているのか? 市が進める様々な工事につき、金額の妥当性を確認する方法として「金入り設計書」があり、先日、情報公開にて、過去10年間の間、全ての金額欄が記入された「金入り設計書」の公開件数を確認の結果「1件」!?

いかに「隠ぺい体質」の施政なのか?  これを証明されているような結果でした。

---「金入り設計書」---☆---

平成20年代、官公庁や自治体では「金入り設計書」の情報公開制度を積極化され、施政の透明性を高め、市民に開かれた行政運営の方向にあります。これこそ「大家族」かと思われます。高浜は、まだ未着手のようです。

 [検索]:工事設計書の情報提供 | 東京都都市整備局

・「金入り設計書」の情報公開を制度化されている自治体例の一部

・東京都・大阪府滋賀県・埼玉県・島根県

名古屋市豊田市岡崎市豊橋市伊勢市湖西市袋井市北九州市仙台市

なぜ、制度化出来るのか? 施政の透明性に自信と確信を持たれている証です!

---疑問の随意契約---☆---

●高浜では「中公解体工事」にからみ「地下水対策-約5千万円」。「旧庁舎の解体」にからみ「アスベスト除去工事-約5千万円」を、一般競争入札されず「随意契約(指名入札)」にて推進されました。

・疑問は、「随意契約」は、なぜ、市HPの「入札情報」に掲載されないのか?

・なぜ、巨額「5千万円」もの大型工事が「独断の随意契約」で適正、適切なのか?

市内の建設関係者の間から「相場を超えた高額」と疑問を持たれているとか…?

 ---市民の素朴な想い---☆---

・高浜では、ここ数年「ハコモノ」建設が一気に盛んに推進されています。

⇒ しかし「高小」は従来の学校建設費の倍額「50億円」の財政効果も説明は破綻!

 果たして、誰のための「ハコモノ」建設なのか不可解な事態となっています。

・市庁舎も「リース-20年-32億円」。21年目は「解体」による財政効果は説明無し!

   (*その「リース優位」の説明資料も最近「削除」されてしまいました)

・「プール」民間委託も同様に「推定3億円超」を投入の民間施設となりそうです!?

     (*東三河の学校プールは「1億円」という事例もあります。財政効果は疑問では? )

・施設計画では「美術館」は「民間譲渡?」。「図書館」は「いきいき広場」に移転?

結局、高浜の公共施設は「学校」しか残らず、「まるで街の破壊活動」のように映ります。これを議会通過だけで強引推進されて良いのでしょうか?

・市説明は「計画書」の発行だけ。これでは「説明責任を果たした」とは言えません!

●「財政削減」を旗印に始められた「ハコモノ」建設は、「学校エアコン」も導入決定出来ない事態を招いている現実は、施政の不適切さを現しています。

・先の「情報公開条例の目的欄」に「開かれた市政を推進し、市政に対する市民の理解と信頼を深め、もって市民が主体となった自治の進展を図ることを目的とする」とあります

・まさに、市民が求める施政運営が…、行政の、議会のあり方が示されています。

  本当の「大家族」づくりを目指して戴きたいものです!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸