t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 青少年ホーム解体の不可解!?

高浜は「民間企業」には、優しい街です。「施設建設」の視点から監査してみます。

 よくよく、常識的に考えてみれば、おかしいのです。怪しいのです…?  不適切では?

・今回「民間プール建設」のため、わざわざ「築42年の市民利用中の公共施設」を解体という超優遇策を推進中です。市民より企業優先の証しです。

  (*民間病院のため「築36年の市内最大の公民館を解体」と同じ対応です)

    (*しかし、なぜ、営業中の現拠点(碧海町)でなく、市は論地町を選択提供されたのか?)

・更に「水泳指導」という名目で「年8百万円×30年間」という補助付のようです。

 これが、市内全小中学校まで拡大されれば、更に補助金は増額されるでしょう。

  (*民間病院には「年2億3千万円×10年間」補助と同じ構図です。総合計「53億円!」)

 (*初回の市民説明会では「年間2百万円」で済む。というお話は、お話だけ…?)

● 思えば、市内(碧海町)にある「民間プール会社」の施設は、もう築三十年以上経過し、そろそろ「大改修時期」を迎えていたのではないでしょうか?

・「民間プール会社」にしてみれば、「年間・一学校-水泳指導-60時間」で、敷地は「市有地を格安で借りられ」、「水泳指導は、30年間(永遠に…?)安定継続」、「補助金も、30年間(永遠に…?)独占」となれば「願ったり、叶ったり」の美味しい話です。

・「民間プール会社」の年間営業時間は「推定・3,360時間」、市内全学校の水泳指導時間は「推定・420時間」、おおよそ「500時間」としても、「年間15%」程度に集中利用され、「後は独自の営業に廻せば『高浜はドル箱』の拠点」となるかもしれません。

・犠牲は「子ども」です。「夏休み」の「プール開放」は廃止のうわさもあります。

    (*学校教室の「エアコン設置計画」も先延ばしのようです)

ただ「ハコモノ建設」の借金返済は「子ども」がするのは当然とされています。

 (*「施設は「子ども」も使う。借金も「後世の市民が負う」とお話しされました )

 ・だから、リース-20年、PFI-15年、運営補助-10年、30年を即決されるのでは…?

   「後世の市民にお任せ」するから、大丈夫と…。市民には「無責任!」と映ります

「民間企業」には優しく

「子ども」には厳しい施政運営はいかがなものでしょう? 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸