t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 後世の市民を犠牲のままで良いのか? Ⅱ

・ 予報通りの強烈な台風に自然の驚異を実感しています。謙虚さを教えられます。

● 現在、高浜小は「エアコン設置仕様」で建設中。19年の始業式には完成予定。

・市内にある小学校は、あと「四校」。施設計画を再確認してみます。

---H30.公共施設推進プラン案---☆---

・高取小 - 大規模改修 [20~21年- 11億円]     ・港 小 - 大規模改修 [26~27年- 8.3億円]

・吉浜小 - 大規模改修 [22~23年- 11億円]  ・翼 小  - 大規模改修 [36~37年- 18億円]

小学校の改修時期は「バラツキ」があり、学校エアコン設置は臨時措置が必要です。

・「平等、公平な教育環境の整備」という観点に立ち、「高小-19年」を基準とすれば

 遅くとも「他校は'20年夏季'」に間に合わせるのが適切な工程目標と思われます。

  (*「高取小/吉小」は大改修時期も近く、エアコンは「仮設」でも良いかと思います) 

幼稚園を含め学校の「19年の暑熱対策」は緊急課題です。市民の叡智結集が必要か?

---予算手当ての不可解?---☆---

財政力「全国-27位」の高浜は、民間病院には「53億円」も補助されるのに、「学校エアコン - 約6億円」を手当て出来ないのは不可解な施政運営としか思えません?!

高浜小だけ「PFI- 50億円」も、本当に適切な血税投入なのか疑問は膨らみます。

⇒「学校エアコン- 6億円」は「後世の市民の健康(生命)維持機能」であり、年間予算-166億円から優先的に工面すべき緊急施策と思います。なぜ、これを躊躇されるのか?

 

  「大家族たかはま」を標榜する施政の最重要施策として

 「学校エアコン早期設置」は市民の切なる願いです…

    (*「お母さん」が始めたエアコン署名は短期間で「五千筆」集められたそうです…)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail -- 文責 矢野義幸