t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 市内の民間施設の工事進捗動向

現在、市民の反対を押切り強引な工事が推進されています。その動向をご案内します

ボートピア ・高浜分院 ・青少年ホーム跡地活用事業(民間プール建設)

---ボートピア-民間運営-----☆--- 

● 「高浜はギャンブルの街」を象徴するような施設「ボートピア」は「ほぼ完成!?」

しかし「まちづくり方針」と合致しているのでしょうか? 第六次計画は不可解?

 (*「ギャンブルの街」の是非を「二池町」だけに委ねた判断も いかがなものかと…)

市民の不安は「治安」です。市は、如何なる対策を講じられるのか?説明無しでは?

f:id:t2521:20180912194114j:plain   f:id:t2521:20180912194344j:plain

---高浜分院-民間病院-----☆---

市は「20年間-53億円補助!」、市民は個人病院を多用のため待ち時間無しで受診可。

・災害時は「救急治療」対応無し。「後方支援」の病院は期待外れなのですが…。

・市の介護保険料は「県下第二位の高額!」「民間病院には巨額の補助継続!」

市民より病院大事!?  いつまで「高浜は民間病院のサイフ」なのでしょうか?

f:id:t2521:20180912195102j:plain f:id:t2521:20180912195201j:plain

補助を無心の病院に対し工事管理は良好。現場塀も竣工予定図も公開されています。

---青少年ホーム跡地事業-民間プール---☆---

将来、全市立学校の水泳指導を委託計画とか?  30年間の長期補助は数億円にも…!! 

 (*水泳指導:「年間10時間」。校外指導のため「連続2時間水泳」は肉体負担過大!)

   (*移動時間:水泳のため「往復数十分」を要して「バス移動」。児童の負担は増大!)

・土地整備(土壌廃棄)だけに1億円超を負担。本気で「財政削減」に取組まれている…?

民間企業のため公共施設を早期解体し、地盤工事の負担まで血税負担は不適切では?

   「大家族たかはま」には、他の施策課題も多々あると思うのですが…?

 民間施設にまで「ハコモノ注力」は疑問です!

この基礎工事で掘出した土壌の処理まで含め、血税負担は余りにも過剰優遇! 利点は?

f:id:t2521:20180912203527j:plain    f:id:t2521:20180912203831j:plain

土壌に「瓦ガレキ」があると言われますが、きれいな土壌なのでは…?

f:id:t2521:20180912204052j:plain f:id:t2521:20180912204141j:plain

どのような秘密を守ろうとされているのか? 市民の監視を警戒されているようです!

大人の都合の為、児童、生徒の犠牲は「ありえません!」 

「大家族たかはま」を失念の施政運営は不適切では?!

---不可解な「ハコモノ---☆---

ここ数年「ハコモノ行政」の恐ろしさを痛感しています。

・中央公民館、旧庁舎、そして「青少年ホーム」まで、築40年程度の血税により建設した市民の財産を、次々と、連続の早期解体は、もったいない財政の浪費です。

 (*国は「ハコモノ管理を寿命長期化して更新」を高浜は「更新して長寿命」と逆転!?)

・これは、後世の市民の利用する権利を剥奪です。しかし、市は「大いに外に出かけて」と市外の施設利用を当然とする回答は、為政者の資質を疑いたくなります。

・更に、新規建設された借金返済は「後世の市民に押し付ける」のを当然とする「ハコモノ行政」も不適切と断言します。誤謬の施政を正す必要性を痛感しています。

●財政削減を叫ばれながら、最も、財政投入が巨額になる方法を選択されています。

・その例として、民間企業(工事会社)への巨額の工事発注を指名入札したり、施設運営会社に、巨額の補助を長期にわたり契約されることも、不適切なのでは…?

 (*「プール建設」も企画段階は「20年」とし、企業募集の直前に「30年」に延長! )

・市民のメリットより、民間企業に忖度は、施政運営として、いかがなものでしょう?

 ●高小の「プール廃止」は「防災」上、安心施策なのでしょうか?

・北海道地震でも市民生活の苦難の元は「電気と水」が無い事。水道復旧- 7日間とか?

・「プール廃止」は、避難所生活の水利を廃止となり、避難生活の困難度を高くします! 

    (*市は「防火水槽-100㎥」あると説明ですが「消火用」と「生活用水」兼用ですか?)

 

  施政運営の根本は誰のためのものか? 

  今一度、振り返って戴きたいものです!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail -- 文責 矢野義幸