t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 介護保険の不可解?

●高浜は「福祉の街」と言われて久しいのですが、今では、他市のほうが充実している。という声もちらほら聴くときがあります。

・しかし、「福祉の街」に残されたものは「介護保険料が県下第二位」の高額とか?

 この事実を知る機会は、つい最近のことで、驚きと同時に落胆しました。

●「介護保険」の収入額は「年間-26億円(H28)」という巨額にもかかわらず、市民には使途情報の周知を図られているのでしょうか?  秘密は不適切では…? 

・この「制度」に詳しい市民は「ポータブルトイレ」を補助購入し、「ディサービス」等も有効活用。「住宅の介護向けの改修まで補助利用」とか…?

・知らない市民は「薬局で私費購入」「家にこもる」という老後生活を送られている…

この「不公平」な制度の見直しや充実を求め、あるべき「制度」を確立戴きたい!!

 

---「介護保険」のサービス内容---☆---

高浜市のHPでは見つからず「三重・四日市」に資料掲示を見つけました。

f:id:t2521:20180914131933j:plain

多くの市民、国民は「介護サービスメニュー」全容を熟知されていないと思います。

---介護保険制度」のあり方---☆---

今後「高齢化社会」の到来は必至です。

・当然、これから「高齢者」になるであろう、ご本人やご家族には「介護保険制度」につき、より具体的な情報周知が必要では…?

・現在の市HPに掲示の資料は「介護サービス」を既に理解され「介護認定」も判定受けている方を前提に、手続きを進めるための情報提供となっているのでは…?

今、初めて「介護保険制度」を勉強しながら、将来に備えたい。という市民目線の情報提供が、必要になって来るであろう。と推察します。

このため、介護保険制度の初歩から「丁寧な情報提供のあり方」が望まれるのでは?

「高齢化」に備えた「まちづくり」の推進を切望します!

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail -- 文責 矢野義幸