t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 公共施設の建設のあり方 Ⅱ 市庁舎

・先回も、今回も長文となり申し訳ありません。情報整理し全体像の確認が目的です。

・問題は、今後の行動です。是非、第一歩を踏み出されることを切望させて頂きます。 

  「高浜の未来のため!  後世の市民のために!

---公共施設の基本的な管理方針---☆---

・市の方針は「国の指針に準じ『財政削減を図り、市財政の健全化を推進する』こと」

この実現のため最大の財政投入となる「公共施設(ハコモノ)建設の改革」でした。

1. 公共施設の「寿命長期化を図る-70年 (*他市は「80年」を採用-安城は最長90年)

2. 公共施設は「縮充化を図り、機能を複合化 (*様々な施設を統合し一体化を図る)

しかし、実態は「旧来の公共施設を早期解体」でした。矛盾の「ハコモノ解体」です

  - 中央公民館<築36年>・旧庁舎<築40年>・青少年ホーム<築42年>を次々と早期解体は「財政の浪費」と、「後世の市民の施設利用の権利を剥奪」です! 

---市庁舎の建替え---☆---

旧庁舎は「竣工S52年('77年)-築40年」・床面積-「7,673㎡」、地下1F・地上5F建て

これを「早期解体」し、狭く小さな「新庁舎」とし組織分割を推進は、縮充に矛盾!

・更に「リース建設方式」を採用!! 本当に、高浜にとって財政削減なのでしょうか?

市は「旧庁舎の寿命を60年」とし「20年」を施設利用期間と「リース-20年」を比較!

お気づきのように「施設寿命を長期化」の基本方針と「矛盾」の施設検討です。

 本来であれば「施設寿命を長期化 - 30年」にて比較するのが適正と思われます。

 (*その旧比較資料です。市は最近、HPから削除されました - 証拠隠滅は不適切! ) 

f:id:t2521:20180627153003j:plain   (*リース-20年-33億円⇔旧庁舎改修-37億円)

「リース-20年」終了後は「解体!」。30年で比較すれば「改修」が圧倒的に有利! 

 つまり「リース方式」の財政削減効果は消滅! 「もったいない浪費建設」を選択です!

・このように基本方針と矛盾の比較検討で「建設強行」は、市民を欺くなのでは…?

 市民と施政に対する背信行為ではないかと思われます

耐震強度もリース物件ランクは「低い」とか?  それで建設費も、更に低額のはず…  

---解体工事の不可解---☆---

中央公民館は「地下水工事」を途中で追加。旧庁舎は「アスベスト除去工事」を追加!

・この「アスベスト」は、着工3カ月前の「市民説明会」にて、賢明な市民の指摘事項!

これを、工事1年経過頃、『アスベスト発見!』とまた「随意契約-5千万円」を追加!

  (*本来、工事は競争入札が原則。これを単独業者を指名して見積は不適切なのでは?!)

建設方式を検討時、「旧庁舎」の改修は「工事期間が長い」と説明され、結局「アスベスト除去工事」で、約1年間も工事遅延は問題が無かったようです?

なぜ市民に不適切な説明で「リース強行」されたのか、まったく不可解な施政です?

・更に「いきいき広場」の改修工事まで「リース会社へ発注」も 不可解です。

なぜ、地元に血税を投下還元されないのか? 発注先の選択も疑問を感じます!

---リース庁舎の狭小建設---☆---

リース庁舎の床面積は「3,668㎡」。旧庁舎は「7,673㎡」と比較し「半減」。結果、組織分割となり「こども未来部(文化スポーツ・教育部門)」を「いきいき広場」に移転。

・市民は「部署・組織」を確認して、市役所訪問。あるいは二カ所移動を余儀なく!

市が自ら立案された基本方針「縮充(複合化)」に反する施設建設は「不便」です !!

● 結果、新庁舎は「財政効果も無い」「縮充効果も無い」「20年後に建替え」です!   

巨額「血税-33億円」を、わずか「20年」で解体とは、誤謬と浪費の施設です!!

  こんな市民を馬鹿にした市政運営は ありえません!!

    (*国は、このような「ハコモノ計画」に警鐘を鳴らしていたものと思われます )

---更なる不可解な建設---☆---

・着工3カ月前に「市民説明会」は遅すぎ! 意見反映も出来ない突然の説明は誤謬! 

・「リース庁舎」に職員さんや市民要望は反映されたのか? 経緯も情報も見当たらず!

「建築設計情報」も、非公開にて推進。まったく私物化同然の建設推進では…?

・また、庁舎駐車場の移動も一方通行方式で不便極まりなく「改悪」の施設!

・先回掲載の「EV充電施設」も無く、未来指向も欠落の施設は残念です。

「会議棟」の目玉機能「チャレンジスペース」は市民活躍のスペースでは…?

   ⇒ 近況情報では「観光協会」が利用される気配が濃厚です。これがチャレンジ !?

役所も、市民の移転が多い「春」は、繁忙期を迎えるようです。

 ⇒ よく聞くのは「受付」が狭すぎとか?  あと、20年間 - 市民に我慢は不適切です。

庁舎説明のQ&A  [検索] : 高浜市役所本庁舎整備事業について

言葉巧みに矛盾の説明を展開されているのは残念でしかありません。これを信じたいのですが、鵜呑みは「後悔」となりました。この「説明内容」は疑問山積です…

  (*詳細内容を確認ご要望の場合、メールお寄せ下さい  ⇒  yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp

---不適切な施設建設の原因---☆---

・なぜ、このような不適切な施設建設となるのか? 原因を検討してみました。 

・「市民の声を聴かない」    - 市民でなく民間企業の声を採用

・「検討期間が短期すぎ」       - 強引な建設を強行は暴走同然

・「情報非公開で推進」     - 血税を私物化同然の施政運営

・「説明責任を果たされない」- 説明も「ご都合の良い歪曲説明」

 

● この市民を忘れた失政の結果は「血税の浪費」「被害者は市民」。問題は、為政者は「責任無し」で済む事です!

  (*だから「無謬性」を求められるのですが、ハコモノ建設は「誤謬」の連続です )

  このままでは「高浜 あ ぶ な い !!」

   市民は自立し、明確に意志を発信することが大切です ! 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail -- 文責 矢野義幸