t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 公共施設の建設のあり方 Ⅲ 高浜小学校

・くどくどと、再三、掲載は気も引けるのですが、記憶に記録戴きたいがためです。

●高浜小学校は、建設着工され、プールも解体されたようです。このハコモノ建設の強引さには、呆れるばかりです。根本的な建設構想が矛盾し、財政効果は破綻しています!

---ハコモノ建設の矛盾---☆---

●「ハコモノ建設」は「財政削減」が最終目標です。これは国も指導事項です。これを受けて、自治体は「施設寿命を長期化」「施設機能の縮充(複合化)」を推進されてます。

高小建設も、当初は、これに準じて推進されるはずでしたが、現実は「財政浪費!」

「高浜のハコモノ建設」は浪費の連続です!!

---高浜小の建設構想---☆---

・当初の「高小・建設構想」は、市内の老朽化施設を含め「高小に縮充」を図る。

・「13施設」を「全て単独建設は『50億円』。縮充化すれば『37億円』で済む!」

・更に、当時『50億円』も投入すれば「高浜は財政破綻する」という説明でした。

●ところが…、現在…、

実際の計画は「10施設」-「50億円」さらに「プール解体-移転」の矛盾!

当時('16年8月)、議員さんは、視察に「埼玉・吉川市の美南小」に行かれました。

小とほぼ同等の学校規模の「縮充施設」は「23億円」の建設費だったのです!

  (*学校縮充 - 学校教室+体育館+屋上プール+高齢者施設+幼児と児童センタ+公民館)

[[検索] : :http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shisetu/013/008/shiryo/__icsFiles/afieldfile

/2015/11/10/1363948_2_7.pdf

市の説明は「条件が違う」とだけ。建設費の差が「倍額」は適正なのでしょうか?!

---架空の縮充建設---☆---

この埼玉の学校と比較すると、根本的に建物構造が異なることに気づきました。

1.「建物構造が一体化」- 校舎と体育館、公共施設部分は全て内蔵結合されています。

・高小は「校舎」と「体育館」「共用施設」が三棟に分離分割。敷地が同じだけ。

 更に「プール」も移設と分割推進! 市庁舎と同じ構成では矛盾であり誤謬です!

言葉では「縮充」と言われ、実態は「分離と集合」です。結果「財政効果無し!」 

    (*「集合建設」とは、建物や部屋を寄せ集めただけ。企画力の不足か? 時間不足か? )

●また、素人目に見て「建物構想」に斬新さや魅力を感じない計画もいかがなものかと?

狭小敷地に「200台の駐車場」が目立ち、運動場を狭小化は児童が犠牲では…? 

2.この「50億円」大事業工事を「入札応募一社」だけで応札推進もいかがなものかと?!

・常識的には「数社応募」による「競争入札」が一般的ですが「一社だけ」とは…? 

その原因は何か?   他の建設会社が入札対応を嫌われた理由は何かあるのか?

・推測検討の 結果、「極めて、緊急的な募集工程」に違和感を覚えました?

   [検索] :  高浜小学校等整備事業について  

●「募集と入札スケジュール」

・学校建設の実施方針の公表          H28年  4月 

・特定事業の選定及び公表 「PFI方式」     H28年  6月

・入札の公告、入札説明書等の公表         H28年  7月

・入札書類の受付締切                 H28年10月

● お気づきと思いますが「小学校建設『50億円』大事業」を「数か月」で、「PFI財源を手当てし、学校建設の構想企画から建築設計、そして設計見積を作成し [入札!] 」

    (*この緊急的な日程は「一般住宅」と比較しても、極めて短期で異常と思われます )

・このような緊急的、短期的な工程対応ができる企業は、極めて、極めて希なのでは?

しかし「一社だけ」対応された!  この奇跡的な対応ができた理由、背景は 何が…?       

3. 「建設計画の情報発信の不備・不足」は、市民への説明責任を拒否となり不適切!

・建設工事が着工後の現在でも、「設計図」を非公開は誤謬であり市民無視の証し!

血税「50億円」の巨額事業を、責任を取られない「行政だけで推進」は無責任です。

・「施設計画は説明済み」とされますが「高浜小」の学区だけ。50億円は誰が負担か?

・学区外の「論地町」へのプール移転を、誰に説明し、承認確認されたのか不明です?

  (*「行政」で決定し、議会通過すれば、「市民了解」とする考えは傲慢では… )

この「民間プール」で「水泳指導」は、市内全校対象の可能性もあり全市民への説明が必要と思うのですが、当面、建設強行で「説明」を後回しの市民無視は不適切かと?

ここ数年の「ハコモノ」解体・建設を強行は、高浜百年(施設寿命)を本当に見定められた「無謬性」の施政なのか? 

現在の「公共施設計画」では、高浜の公共施設は「学校だけ」になってしまうのでは?

・この施設計画では、将来の 「まちづくり」イメージが描けず、残念ながら「魅力」を失っています… このままでは誤謬の連続で財政浪費は続きます…

 ---公共施設の建設のあり方---☆--- 

 「説明責任も果たされず、ハコモノ強行施政は不適切!」

 「後世の市民に誇れる施政運営とハコモノを残すべき!」

 以上、残念な住民監査結果をご報告させて頂きます。 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail -- 文責 矢野義幸