t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - リース庁舎建設の検証 Ⅳ

■「リース庁舎」は全国でも稀有な「市庁舎を持たない街、市民」に転落となりました! 

・「巨額-30億円」も費やして「20年」で短期解体の施政判断は適切なのでしょうか?

⇒その証しは「他の自治体も同様のリース方式を採用されるか?」-「結果は極めて希」

防災拠点の耐震強度は「用途指標-1.5」を「リース-1.25」と弱く「不適合」では?

このような不適合の公共施設を建設強行は、市民が犠牲となる誤謬です!!

・これを知ってハコモノ建設を強行は、法規をも超越した傲慢でしかありません。

 

---市政の透明性の欠落---☆---・

・市庁舎も学校建設も、情報公開は消極的で、「市民と協働」の宣言にも矛盾です!

    なぜ、ここまで市民に秘密裡に推進されるのか? 

 ただ「不可解」の一言に尽きます!

施政のあり方として「透明性」は、重要な要素として取り上げられます。 

 これを知って「情報非公開」も傲慢の証しです!

 

■「透明性」の事例 

・市HPに「庁舎建設説明会」に使用されたであろう「Q&A」を掲載されています。

 その一例として「建設費-整備費用」を下記のように表現されています。

 (*「市民説明会」は図表示を、最近、文言表記に改ざんです。この行為は適切…?)

 

---高浜リース庁舎の説明---☆---  (*「着工3ケ月前の説明資料」+後日改ざん) 

Q6.整備費用はいくらかかるの?

A.「概算の事業費は、建物建設にかかる費用や20年間の庁舎の維持管理・運営費などを含め、総額で33.2億円を予定していました。」

巨額の血税負担を、総額で「33.2億円」と、たった6文字表記は「不透明」です!

通常の建設方式と異なる「リース方式」を採用は、更に、理論的に、丁寧に、その財政効果を説明されるのが無謬性にもかかわらず「総額-6文字」を押し付け説明とは…?

 (*疑い深いこともあり、その裏に「何があるのか」想像を逞しくしてしまいます )

 

---ある自治体の庁舎建設費の説明例---☆--- 

・先回「市民と協働」で庁舎建設を進められている自治体の建設費の説明例です。 

・この自治体は「市広報(着工11ケ月前)に「施設概要と共に建設費」を掲載です。

  f:id:t2521:20180929120946j:plain ← (*クリックすると大きくなるはず)

たった、これだけの情報で市民は安心できるのです。総額だけでは疑惑が湧きます!

 

自治体は「血税」を原資として運営されています。

 よって、「市民主体」と言われる所以かと思います。

・しかし、実態は「行政主体」のような気がします。

  情報非公開や隠ぺい化は、ますます知りたくなります  

 血税」が、本当に、適切に運用されているのか?

 ●民間病院のため、中公解体し「53億円」補助 +「ホール」の無い街に   - 不適切!

 ●リース庁舎は「市庁舎を持たない街に、市民に」「更に床面積を半減」- 不適切!

⇒「ホール」も無い、「庁舎も持たない」無い無い尽くしの施政はどう考えても不適切!

   ・市民の自信や誇りまで奪い去る誤謬の施政運営を強行は、ただ残念しかありません!

 ●高浜小学校・PFI-「50億円」は通常の「倍額」の建設費を投入 - 不適切!

市民にとって「嬉しさ」の無い、浪費のハコモノ建設を説明も無しで強行は不適切!!

●「施設」は増やさないと宣言され、民間プール会社に30年間補助で「プール建設!」

⇒ 児童は、春から秋まで「水泳」を分散指導? 連続が身につくと思いますが効果不明?

 この矛盾を財政効果も説明されずハコモノ建設を強行! 

  不適切な施政運営は続いています!?

 

---素朴な疑問-----☆---

●リース庁舎は「一般ビル」扱いです。官公庁等の公共施設扱いではありません。しかし、計画建設費は「公共施設扱いの『総務省単価』が適用されているようです」

・今は、「市庁舎のQ&A」-「Q6.整備費」の説明資料が竣工後に「削除」されてしまい確認出来ませんが「民間リース建設費-14.4億円」と記載されてました。

つまり「総務省単価の『40万円/㎡』と同額」となります。

・しかし、世間相場は「一般ビルの建設費-概算約25万円/㎡」と言われ、であれば、リース庁舎の床面積「3,668㎡」で積算すれば「建設費-9.2億円」程度が相場…。

つまり「差額-5億円」程度が、行方不明なのかもしれません?  ご説明必要では…?

 

 勝手な想像ですが、不可解なハコモノ建設は不適切です!

「大家族」のための無謬性の施政運営を切望します!

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸