t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 9月末日の長い一日

・昨日(9月30日)は、激動の長い一日となりましたね。

●沖縄知事選!               前知事の後継者「山城デニー氏当選!」

日馬富士の断髪式  土俵生活を終え、母国で「教育者」の道へ… 

●台風24号の来襲!    来週は「25号」でしょうか? お祭りが大変かも…?

 

---台風への対策対応---☆---

市の防災対応も大変な一日だったと思います。大きな被害が無いのが何よりでした。

・気象情報(警報)発信や、避難所の開設、市内巡回等、自然との闘いは大変ですね!

■避難所の開設  (*午後12時30分)

南部ふれあいプラザ(二池町・収容-65人)

大山公民館    春日町収容-95人

女性文化センター (湯山町・収容-不明?

授産所高浜安立  (向山町・収容人員-10人

吉浜公民館    (屋敷町・収容-80人

高浜小学校体育館 (青木町・収容-410人

昨日、14時30分、高浜の一部地域に「避難勧告」されました。

 

---防災対応の不可解---☆---

1.避難所として「女性文化センター(湯山町)」を、いつ指定され、どのように周知されていたのでしょうか? 

市HP「避難所リスト」にも掲載が無いのでは…?   突然の避難所指定は混乱だけ!

2.避難所の収容人員は、これで充足できるのでしょうか? 

・恐らく、昨日は、実際に「避難所」への避難数は少ないと思われます。しかし、実際に大被害を受ける程の大災害が発生時は、いかなる対応をされるのか? 

予め、正確な情報・手順を、市民に周知を図ることが重要課題と思われます。

3.TVの「台風情報」に「避難勧告」高浜一部地域「19,755世帯」「53,791人」も困惑!

ほぼ市民全員に「避難勧告」は、市の防災方針として発信されたのでしょうか?

・この情報は適正だったのでしょうか?  不適切な情報発信は混乱を招くだけでは?!

マスメディアとの情報連絡の精度向上や、情報修正の方法を確立し、再発防止を!

4.対岸の「東浦町」は、海岸線の監視を夜間も、深夜まで連続で実施されていました。

・当市「高浜」は、どのような、監視活動をされていたのか? 気づきませんでしたが?

ひょっとして「避難勧告」だけ出して終りではないと思いたいのですが…

5.更に、大きな災害が発生した場合「帰宅困難者」も同時に発生と思われます。

「いきいき広場」を、この「帰宅困難者」向けの避難場所に出来ないか…?

今後の検討課題として、提案させて頂きます。

 

 台風一過に、平和な安堵感を抱いています。

    これが続きますよう、日頃の防災体制の万全化を期待するばかりです…

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸