t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 公共施設の解体建設の不可解 (高小)

・先回のブログの「高小の縮充建設」について、十分 ご存知でしょうか?

 

---高小・PFI-50億円建設---☆---

●「財政削減」のため「高小を中心に施設を縮充 - 複合化建設」というものです。

・現状の計画は「10施設-50億円」にて推進中です。通常、高小だけなら「25億円」程度を「倍額」を要して「PFI」という方式で民間資本による建設です。

   (*「建設費-34億円」は、竣工時に三分割払い。維持管理分を民間資本に委託? なぜ?)

・民間企業は「15年間-約16億円にて、学校施設の維持管理を担当する」ものです。

   (*壊れたら修復が常識を「15年間分」の事前発注に適正さは、疑問しかありません?

    *記憶の範囲ですが、市内全校の維持費が「約1億円」とか?  これを1校でとは…? )

 

●更に、問題は「当初、13施設 - 37億円」「50億円もかけたら財政破綻」の説明にて誰もが納得した後に「50億円」に切替えて建設推進は裏切り行為ではないでしょうか? 

(*「初め説明少額、後で実行高額」は常套手段です。プール「年間2百万円」で済む…。現在、これも当初「20年」を募集時に「30年」に延長。「年8百万円」とか…?

* 県内学校のプール建設費「1億円」とする事例も有り、果たして財政効果は不明…?)

 (*そもそも「50億円事業」に「入札-1社」にも、不適切、不透明な感覚を覚えます )

 

---公共施設の寿命と解体---☆---

・高小に「複合化」される対象施設は「中央公民館・児童センター・工房あかおにどん・IT工房クリック・老人憩の家・宅老所・体育センター」のようです。

 (*「大山公民館」は、詳細不明です。維持存続という情報もあるようです )

 

●疑問は「体育センター」と「武道館」の解体です。説明理由は「耐震性と液状化

1.「体育センター」-  '77年竣工・築41年。高小では「サブアリーナ」。面積半減!

2.「武道館」- '80年竣工・築38年。高小の「サブアリーナ」に統合。武道館は廃止!

公共施設の寿命は「70年」に長期化と宣言のあと「40年」の早期解体は浪費です!

・市は早期解体し、その後「70年」と説明ですが、これは「国の指針」にも逆行です!

・更に、「縮充」と言われ「別棟方式」の分離建設では、財政削減効果は極めて少額!

これらの施政運営を「脱線」と称しています。とても適切・適正とは思えません!

 

---更なる施設解体の疑問---☆---

・碧海町にある上記の施設は「液状化」の危険度が高いと下記に説明されています。

現在の立地場所は「危険度が高い」とされる「薄黄色」部分に有ります。 

f:id:t2521:20181004212928j:plain  ← [防災マップ] 液状化危険度-分布

 

問題点は「液状化」危険度が極めて高い「港小学校」を後回しにして、施設寿命がまだある「体育センターと武道館」の早期解体を、市民にどのように説明されたのか?

⇒ 高小建設の説明は「学区保護者」対象で、一般市民には説明無しで強引建設を推進!

・疑問は「液状化」による施設影響の度合いです?  倒壊するのか?  補強が安価では?

・市民の安全を優先するなら「港小」を優先が適正なのでは?  後回しの理由は?

 (*ちなみに「港小の建替え費用は「約16億円」。高小-50億円の1/3と小規模です )

根本問題は「港小学校」立地は「液状危険度が極めて高い」現状放置で良いのか? 

・個人的には「高小」より「港小」を如何様にするかが、優先課題と思えます。     

 

---市民の素朴な疑問---☆---

●高小PFI方式は、新築初年度から「維持管理費-1億円超」の財政効果は疑問です!! 

  このような浪費建設を、なぜ強行されるのか? 

 

・先日、学校エアコン設置は「40年間 - 16億円」も要して大変と説明されたようです。

   しかし、民間病院に「20年間 - 53億円」は、いかがなのでしょう?

   市民感覚では「民間病院」を優遇のため、学校エアコン設置を躊躇されていた!?   

民間企業には優しい高浜施政は適正なのか?

不可解な「脱線」施政は、高浜の将来が不安です!

行政は責任を取られません!全て市民負担となります! 

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸