t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

公共施設のあり方を再考(情報収集から)

 ・数年前から始まった「公共施設(ハコモノ)」問題。今一度、過去にさかのぼって

「あり方」を振り返ってみたいと思います。

 

---「公共施設のあり方検討委員会」---☆---

・先日、資料をみつけたのですが、市は「H24年」辺りから「ハコモノ」問題につき検討開始されていたようです。

・そして、その検討委員として学識経験者や行政関係者、計6名 (*市民は「1名」) と、市事務局の6名。計12名で委員会が開催された議事録を見つけました。

[検索] : :http://www.city.takahama.lg.jp/grpbetu/gyosei/shigoto/shisetu/arikataiinkai/arikataiinkai1/1giji.pdf

高浜の「ハコモノ」検討は、いつも、市民参画を制限されるのは不可解です…

 「数百億円」にもなる巨額事業につき、市民1名の参画とは、不信感しかありません。

(*詳細不明ですが、この市民委員の方は「リース庁舎」を反対されていたとか… )

  聞くところによりますと数年前に故人となられたそうです。ご冥福を祈ります。

   

---隣の安城市の動向---☆---

●18.9.28・中日新聞・西三河版・p.19に「市街地づくり」の記事がありました。

公募で市民「20名」を集め、安城のまちづくりを検討されるようです。

ハコモノ」計画も公募の市民参画をもって立案されることが「未来のまちづくり」かと思います。公募の市民参画により「脱線」防止にもなるかと思います。

 

--- 「あり方」委員会の意見例 ---☆---

■この委員会で、下記のような意見に注目しました。

高浜市は急激な少子化が少ないため、将来の見込みが立てやすい方だと思う。

・施設保有面積も一人あたり3㎡ということで、緊急性は他市に比べて低くいため、大鉈を振る必要はない。

市の大型施設「中央公民館」や「旧庁舎」を早期解体は「浪費!」。委員会の意義は?

・将来どういう市にするのかという中長期的な展望をもって、公共施設のあり方を考えなくてはならない。

・例えば「健やかに老いる町」や「安心して子育てのできる町」の実現といった夢のあるテーマが必要。

この「中長期的」な展望は聞いたことも無く、「ギャンブル」の街を推進か!?

 

●どの自治体も施設は建替えを前提としているが、中長期修繕計画をたてて長く使う必要があ

文部科学省では建替えを原則禁止し、各大学施設は耐震・機能改修を行っている。

国の指針は『「施設の長寿命化」を図って、次に「更新」』を、市は「逆転!」

   次々と資産価値のある施設を早期解体し、建替えは「財政節約」では無く浪費です!

 

●30年経つと設備や防水関係は改修する必要がある。よく言われるのは躯体がもたないといわれるが、改修をしていくことにより維持することは可能だと思う。
・建築家によると、徹底的に建物を裸にして修繕するとコストは新築の7割で収まるということなので、それなりのレベルで修繕するならば新築の5割くらいかけると新築同様になると思う。

ハコモノ・百年化」を目指して戴きたいものです!

 

大学では新築で1㎡あたり25万円、改修では1㎡あたり15万円というところ。

 ⇒「新リース庁舎」は公共施設並みの「40万円/㎡」は高額過ぎ! 余剰額は…?

 (*「リース」は民間施設扱いです。耐震強度も公共施設基準より弱く建設されてます) 

 

---市民の素朴な想い---☆---

●「ハコモノ委員会」は形骸化され、貴重な意見を反映されず、早期解体を強行し、巨額の「ハコモノ建設」を「リース」だ、「PFI」だと、民間資本に委ねた借金建設を強行されることの理由は説明も曖昧、かつ、不透明で理解出来ません。

・公共施設は「10年」、「20年」計画で、準備説明し推進されるのが無謬性です。

・これらの説明責任を果たされず、市民サービスの低下は「施政のあり方」からも脱線!

  

  いったい、何を、なぜ、急がれているのか?

・行政のあり方として「無謬性」を欠いた施政運営は、後世の市民が犠牲です!

 ハコモノ「百年」!   

・丁寧な説明責任を果たされ、適正・適切、透明性の高い施政運営を望みます!

 

 「大家族たかはま」の実行と実現を切望します!

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸