t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

公共施設のあり方を再考 Ⅱ

・先回は、市主催の「あり方委員会」の各委員の方の意見を確認しました。

---各委員さんのご意見---☆---

・「まちづくり」のコンセプトを明確にした上で「ハコモノ」建設を!

・「ハコモノ」は、建替えより「長寿命化」を優先すべき!

 ⇒ 委員さんのご提言は「納得」できることが多く、しかし実態は、これらを採用されず解体の連続。一体、「委員会」はどのような位置付けなのでしょう。形骸化では…?

●「ハコモノ」建設のコンセプトも聞いたことも無く。ただ「壊したほうが安い」…

・結局、高浜のハコモノで残るのは「学校」だけ。どんな「まちづくり」を目指されているのか、説明もされず解体強行は不可解で不透明です。

----------------------------☆---

■今回は、委員会「事務局」として参加されていた「日本経済研究所」の調査資料を参考にハコモノ」に対する住民意見を確認したいと思います。

----------------------------☆---

■「日本経済研究所」では自治体に関する様々な分野につき、調査活動をされてます。 

 [検索] : 公共施設に関する住民意識調査 / 株式会社 日本経済研究所

---ハコモノに関する住民意識---☆--- (*"全国調査結果" )

 【公共施設の利用状況及び公共施設マネジメントへの関心について】

 

1• 住民の4分の3自治体が行う公共施設マネジメントへの取組を知らない。

どの自治体も「説明責任」を果たされていないのか?  「大家族」の街も…

・この実態をもって「反対が無いのは『民意を得た』」の判断は いかがなものかと…

    

2• 半数の住民が公共施設に対し、必要量を満たしていると感じている。

逆に、不満足度を示される市民も半数みえるのかもしれません?

 

3• 公共施設のサービスに満足している住民は3割。

やはり「ハコモノ・サービス」に7割が不満!

約4年間も「中公・ホール」が利用出来ないハコモノ計画なんて、ありえません! 

市は「市民は『大いに市外の施設を利用』を方針とする」回答は無責任です!

 

4• 住民は公共施設の利用にあたっては、利用料金や自宅からの距離を重視

縮充の施設統合は、この距離拡大となるのでは…?  特に「憩いの家」等が問題!?

将来は「デマンド・サービス」を導入され、きめ細かな移動サービス提供を!

    (*「デマンド」- 必要な時に、必要な所へ、市民ニーズに柔軟なサービス対応機能)

・このデマンド機能の充足が「ハコモノ縮充」とセットの市民サービス維持条件です。

 

5• 公共施設再編時に残す施設を選ぶ基準として、施設稼働率を最も重視。

確かに「稼働率」は問題ですが「利用促進策」の実行や方法も大切 !

・「ハコモノ」だけ造って、利用方法は市民一任では無策と思うのですが…。 

各施設毎に、少なくとも月・期単位で「稼働率」を公表されることも必要では!?

 

6• 住民の6割は公共施設マネジメントに関わることに前向き。

施政や施設マネジメントの戦力強化策に「公募市民」の参画が大切な要件に…!

・市民本位のハコモノ 計画や運営の実現を図る必須要件と思います。

 

7• 道路、水道のいずれの老朽化問題も過半数の住民が認知していない。

8• 住民の半数が、必要性の高い道路を選別して維持水準を変えるべきと回答。

9• 水道については、3割が利用料金を上げても良いと回答 。

高浜の水道代は、現状でも充分「高額」です。「値下げ」が必要と思います。

  (*水道代<Φ20-20㎥>月額:高浜-3,332円 /刈谷-2,278円 /安城-2,592円 /碧南-3,132円…)

(*水道代の順位は全国1,052自治体-593位と高額。介護保険料も県下第二位の高額… )

    

10• 住民の8割が建築物と比べてインフラの維持管理・更新を優先。

恐らく「ハコモノ」より「道路・下水道」の整備を求められているのかも?

高浜の市道は「狭隘道路」が多すぎで 防災上も大問題! その対策工程は不明です?

・「ハコモノ」の耐震性も重要ですが、消火や救助しやすい道路構築も重要課題では? 

   

---市民の素朴な疑問・意見---☆---

・市は、未来は「AIだ、ICTだ」と叫ばれる割に、「ネット活用による、市民アンケート」等の機会も少なく、方針と実態の乖離は、なかなか埋まりません。

本当に「10年以内」に組織機能を簡略化し、組織統合できるのでしょうか?

 (*「リース庁舎」- 20年のため、その半分程度で実現しないと「効果無し」では…? )

・まずは、狭小リース庁舎建設の責務として個々の施政施策につき「住民意見」や「意思」を、絶えず聴かれるICT確認システムの構築が最重要課題かと思います。

・「ICT」は、環境社会を構築のツールとして、市民も参画する「ペーパーレス」化を推進活用も必要です。「書類」でなく「ネット申請」のまちづくりシステムを…

   「AI・ICT」を駆使された「まちづくり」の早期実現を期待させて頂きます。

・鬼が笑うかもしれませんが「来年!」 その進化ぶりを楽しみにしています。

  

「大家族たかはま」・言葉だけで終わりませんように!

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸