t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 学校エアコンの不可解 ?

・もう「学校エアコンは解決済み」ですが、なぜか腑に落ちないのです。

●市は、夏季の熱中症対策として、お母さん方の熱望も受け「40年-16億円」を要する「学校エアコン」の設置を決められたようです。しかし、未だに推測です。

(* お母さんの始めた保護者としての署名活動は数週間で「6千筆」にも達したとか )

 

●市は、自らのこの決定を、市民にどのように情報発信されたのでしょうか?

・自分は「新聞記事・地方版」で知りましたが、このような大注目を浴びた施政案件は、市自ら「HP」や「広報」にて知らせるのが「大家族」精神かと思うのですが…

 社会人としての基本的、常識的な配慮とも思われます

 お役所と民間では感覚や感性の差があるようです

・未だに「庁舎」や「議会」の中だけで施政情報の秘匿は、隠ぺい化同然では…。

このような密室施政の結果が「巨額のハコモノ建設」に疑心暗鬼となるのです。

学校エアコンの設置工程を早期に公表戴きたいものです。我慢強い保護者のために!

 

---学校エアコンの疑問---☆---     (*「学校エアコンは、以前から設置方針のはず!」)

・「公共施設推進プラン」では、小学校の大規模改修は「'20年代」に実施予定です。

    (*高浜・'18年-50億円、高取・'20年-11億円、港・'26年-8億円、吉浜・'22年-11億円 ) 

高浜小は来夏に「エアコン」稼働し、当然、他の学校も大規模改修でエアコン設置も織り込み済みのはずでは? 高小だけ「エアコン設置」ではないはずです。

・しかし、9月下旬の設置決定まで、何を躊躇されたのか、全く意味不明? そして、いかにも、新規決定のごとく対応は茶番劇のように感じました。

■「学校エアコン」は同時稼働が必須条件であり、高小だけ優遇は不公平施政では…?

----------------------------☆---

学校エアコン「40年間-16億円」の設置事業 

今回の「学校エアコン」問題は、上記の大規模改修計画から「エアコン」を設置早期化で済む話なのです。 予算増加分は「取外し・再設置」の費用程度かと思います?

なぜ、大規模改修費から抜き出して「エアコン・40年-16億円」を訴えられたのか?

この仕様は「設置費-6億円-業務用エアコン仕様」でしょう。設備寿命「20年」程度。

 

● あるいは、お得意の民間資本に委託する「エアコン・リース」という方法もあります

 この仕様は「大型ルームエアコン仕様」を複数設置とし、設備寿命は「10年」程度。

大規模改修までの「2年~8年」の財政投入の損得を比較検討で済むと思われますが、意外に時間を要してのご決断は「ハコモノ」と違い、極めて慎重のようでした。

 

市民の希望は「ハコモノ」は丁寧慎重に、「エアコン」は可及的速やかになのですが、施政運営は、これも逆転しています。

・今でも不可解は「なぜ、40年」を訴えられたのか?全く市民の理解を超えています。

 

---市民の素朴な疑問---☆---

・本来なら「狭小リース庁舎 - 20年」も「40年」で検討説明されるべきなのでは…?

⇒ リース21年目は解体の予定。旧庁舎は耐震強度が弱いとされ、リース庁舎の耐震強度は、「公共防災施設の用途指標 - 1.5」を満足していない「1.25」を採用のようです。

多くの自治体が庁舎新築は「免震構造」を選択。高浜は民間会社に委託の構造?

・結果、リース庁舎も「耐震強度」が問題で存続延長は「高浜あぶない」のです! 

つまり「リース庁舎」は施設寿命も短く、70年・80年維持すべきを20年解体は「財政効果」はまったく無く、これを「民間リースは安い」と「20年に期間限定」の説明は裏切り行為では…? 

・施設寿命「70年」と制定しながら「旧庁舎寿命60年」と設定し「リース - 20年」との比較検討は不適切では? 他市は「施設寿命を更に長期化 - 80年・90年」を採用です。

  (*当時、旧庁舎は築40年。あと施設寿命は「20年」だから、リースも20年は矛盾です!)

 

● 市民に施政情報も発信されず、「財政投入」を誇張され、学校エアコン設置を先延ばしの「後世の市民」を犠牲とする施政のあり方は、いかがなものでしょう…

⇒「エアコン」設置まで「酷暑」は待ってくれるのでしょうか? 

 

「大家族たかはま」は、もう終わりなのですか?

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸