t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - プール建設のトラブル Ⅱ

・市民にとって重要事項と思われ、説明重複させて頂きます。

先回、プールの運営方法につき「非効率的な水泳指導」にて推進される計画をご案内させて頂きました。恐らく、施設完成後に大きな問題になることが予想されますので、更に、詳細にご案内する必要性を感じ、再考したいと思います。 

 

●このようなトラブルが予想される原因は、市の「説明不足」にあります。

・市有地やハコモノは市民の財産であり、血税は市民の「血と汗」の結晶にもかかわらず、その使途や効果的な方法を説明されず、強引推進という施政運営が、結果、市民の意向に副わぬあり方や、市民を犠牲となることは不適正、不適切であり残念です。

●今回の「プール運営」がその最たる事例になるような気がします。

 

---プール・募集要項---☆---

そもそも市は「市民に説明せず」、業者さんに先行説明は主客転倒の施政運営です。果たして、誰のための施政なのでしょうか?   市民不在は明白です。

・今回、問題とする「プール運営内容」は「民間業者さん」向けの資料に記載です。

・市民向け説明資料はありません。市民は市HP公開しているから見ておけという事?

この苦情をぶつけると「既に公開済み。見ない市民が悪い」と説明かもしれません。

 [検索] : 公共施設マネジメント>  勤労青少年ホーム跡地活用> 募集要項 p.4   

http://www.city.takahama.lg.jp/grpbetu/bunka/shigoto/homukatuyou/homubosyuuyoukou/homubosyuuyoukou.pdf

●市は、「児童の水泳指導」を、民間プール運営会社に委託の予定ですが、下記の資料のように、血税に加え、時間も浪費となるようです。

f:id:t2521:20181029061756j:plain

・市は「プールを高小学区外」に建設により、移動時間が発生のため「水泳時間」を「連続2時間」に延長変更とする計画です。

上記の資料はそのスケジュール計画なのですが、水泳指導は「正味 - 計50分!」

・残り「70分」は、「移動」「着替え」「休憩」を「水泳指導」とされるようです。

この不適切な時間浪費を市民に説明もされず、独善的な推進は不適切極まりません!

 

---水泳指導の方法---☆---

●「年間の水泳指導-10時間」と規定のようですが、この水泳指導方法では実質「250分≒4時間10分」と半分以下で済ませようとされる計画は不適切では…?

ハコモノ優先」は、後世の市民を犠牲としていることが問題です!

 施政の目的は「ハコモノ建設」ではなく、市民の「健全育成」が第一です!

 

●市は、この民間プールを「高小」のあと、市内の全小学校に展開予定です。

・高小・水泳指導で既成事実化を図り、なし崩し的な推進は不適切でしかありません。

この強引な手法は、一度「ストップ」を掛け、市民参画による慎重審議が必要です!

 

●「民間運営会社」には水泳指導の委託料として、例えば「年間8百万円」支払いとなれば、「全校水泳指導時間-25時間」では「時間単価-32万円」は過剰では…?

  (*水泳指導時間:1学年-4時間10分×6学年≒「25時間」)

・「水泳指導は同学年一斉」。「約百」名を「50分」は、一人当り「約30秒」。インストラクターが数名となっても「数分間」しか対応できない可能性も想定されます。

 

●この方式を「30年間」継続の市民損失は計り知れません!  誤謬の施政運営です!

 

「大家族」のプール運営も市民協働があるべき姿です! 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸