t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 狭小リース庁舎建設の不可解 Ⅵ

・そろそろ、このブログも閉じたいと思いつつ、市の説明や資料に納得したいと思いつつ、次々と疑問が湧いてくるのを黙認は許されません。誰かがやらないとダメになる…

 マスコミ関係者が指摘の「江戸時代のまち」には、したくないのです。

・今回の「庁舎建設」を含め、余りにも「大家族」への説明不足が根本的な原因です。

・結果、あたかも、市民を「納税の具」として扱われ、「血税の使途決定」は行政の特権かのような「施政運営のあり方」に疑問を強くしています。

  「大家族たかはま」と言われるのは「大家族」では無い証しのようです!

              

●「ハコモノ計画」は「まちづくり」全体像の説明はもとより、庁舎として、いきいき広場を含め全体像を示されるべきなのに「15年後」の後世に丸投げです。

・今回の「狭小リース庁舎」は、「AI・ICT」効果により半減できると豪語されましたが、工程表はありません。言葉だけで「リース」決定の根拠も示されず建設強行は、市民不在の施政運営の証しです。

 

---狭小リース庁舎の疑問---☆---

・市は、当初「庁舎改修計画」として「市庁舎整備計画-実施方針」を立案され、わずか数カ月後には「要求水準」を提示。市民への説明は資料掲示だけなのでは…?

 (*実際の市HPへの情報掲示は、更に遅かったように思います )

  [検索] : http://www.city.takahama.lg.jp/grpbetu/gyosei/shigoto/shisetu/sityousyaseibi/bosyuyoko1-1.pdf

 

●「事業費」-「20年間のトータルコスト」-「3,323百万円

「旧庁舎の改修費」-「19億円-30年」では、市の「財政破綻」は本当でしょうか?

 (*のちに「支払い平準化」「小学校の建設原資」と説明ですが計画前に説明が無謬性 )

●これは、民間分院に総計「53億円補助」のツケを市民が被っている可能性が大です。

"大事"は「民間分院」なのか?「市民」なのか?優先順位を誤断されているのでは?

 

不可解な事業費の内訳

・内訳 -「改修費・設計・仮設庁舎とその移転費」-「1,928百万円」

     「解体処分」-「139百万円」⇒ 実額「約2億円」を費やされ…

     「維持管理・運営費」-「1,257百万円」⇒ 年63百万円と「倍額?」

 

・そして、実施方針の目標額は「2,748百万円」を、上記要件の上限額と指定。

・削減内訳  - 「引越費用」-「55百万円」 

       「システム移設費」-「1億65百万円」 

       「不明」-「1億25百万円」⇒ 理由不明な削減額があることも問題!? 

しかし「要求水準」はこの記述は削除されました。建設費を「値下げ」されたのか?

・更に、これを市民には「市が整備」-「37億円」。「民間提案」-「33.2億円」と水増し説明されたのが、前回の削除資料なのです。意味不明の不可解な説明です。

・果たして「コスト削減-10%」は、実現されたのでしょうか?  説明はありません!

・しかし「削減効果-10%」の「数億円」程度で財政破綻を逃れるものでしょうか? 

 (*お分かりかと思いますが「33億円」では、旧庁舎-大改修と同額なのです! )

 

---建設費の不可解---☆---

・市の「実施方針」では、建設費につき、業者さんと「質疑応答」されています。

 [検索] : http://www.city.takahama.lg.jp/grpbetu/gyosei/shigoto/shisetu/sityousyaseibi/q&a.pdf

・質問No.37 そのまま下記します。

『「2,748百万円を20年間の事業費と想定」の意味が不明です。

 *1.維持管理・運営費(光熱水道費・防犯補修費等?)-1,026百万円を引くと、

    *2.家賃相当額は20年間で、1,722百万円となります。すなわち、1,722百万円÷20年間=86.1百万円/年…が賃料となる理解でよろしいでしょうか?』と質問されました。

     

---業者さんの質問の不可解対応---☆---  

               <「実施方針額」>              <「要求水準額」>               

*1.「維持管理費」-「1,026百万円」⇒ 市の要求水準額は「1,257百万円」を誤記か…?? 

差額「231百万円」を、どのように是正されたのか?

 

*2.「家賃相当額」-「1,722百万円」⇒ 面積単価「49.2万円/㎡ !」を市は了解 !?  

「リース建設」は建設相場の「倍額」となるようです。年1.4億円の血税負担…? 

「リース」の問題は、20年間、省エネ、省資源効果は全て業者利益となるのでは? 

更に、市は、市民説明会には「総額-32億円」と回答。と矛盾だらけの対応…?

 

---庁舎建設の矛盾説明---☆---  (*建設費は「17.2 億円」のはず…? )

●市民向けの説明資料は建設費を「14.4億円」として記載でした…?  これを削除?

・市は「ハコモノ計画」資料を「黙って訂正」「黙って削除」は常套手段化しています!

●このように「ハコモノ建設」は、様々な仕掛けをされながら推進強行の証しです。

 

「知らぬが仏」は「後世の市民」が犠牲と危惧されます

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸