t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 狭小リース庁舎建設の不可解 Ⅶ

・かつて、学校エアコンの設置要望の高まりにもかかわらず、市は躊躇され、近隣自治体の対応より遅れ、お母さん方の署名活動を受け、ようやく「40-16億円」も要すると弁明と共に、決定発表されたようです。

   (*問題は「来夏の小学生は,身体を犠牲にして、酷暑と闘う事を市は強要です」)

・一方、「ハコモノ計画」は、「公共施設プラン-360億円」を立案され、市民説明も、資料掲示だけで、強行推進です。

・思い返せば「かわら美術館-80億円」「民間分院-20-53億円」「狭小リース庁舎-20-32億円」「高小-PFI- 15-50億円」「勤労青少年ホーム-築40年を早期解体-民間プール会社に運営補助-30年-数億円」等々、巨額の血税建設を、とりつかれたように強行推進は、余程、魅力のある世界のようです。

・このように「ハコモノ計画」を、行政と議会だけで推進に危機感を抱いています。

⇒「借金は後世の市民が払うから大丈夫」と責任丸投げは 市民が犠牲では…?

   (*血税建設の「体育センター」「武道館」も早期解体の財政効果は疑問です )

 

---「狭小リース庁舎」建設を検証------ [検索] : 高浜市役所本庁舎整備事業について

■ 今回「狭小リース庁舎」建設経緯を確認し、推進方法の適切性を検証してみました。

・事業スケジュールは「H265-実施方針を公表」、「H272-基本協定を締結」と僅か「ケ月」で推進は、まるで一般住宅かのような極めて緊急的な日程でした。

・他の自治体を調べたら「市民に意見募集から締結まで、約4年」の例もありました。

● 問題は、市民-「大家族」との協働作業をどのように進められたのか…?

・市庁舎整備事業の広報は「H268月」と「H274月」の二回、掲載のようです。

一方的な情報発信だけで、「市民の声」を聴かれる意思はないのでは…?

・そして「H277月」基本計画がまとまったと「731-説明会案内」では、市民参画や意見反映は皆無だったのではないでしょうか? 

極めて独断専行の強引な進め方が明らかとなりました。

ハコモノ」は基金を貯めてから着手が鉄則では?

 基金が無いのに「ハコモノ強行・借金建設」はキリギリスです!

 

---「市民説明会」の状況------

 [検索] : http://www.city.takahama.lg.jp/grpbetu/gyosei/shigoto/shisetu/20150731Q&A.pdf

■市民説明会の「市民の意見」をリストアップしてみました。(*一部修正)

---「市民の声」---------------☆---

・リースとの比較で、「管理費の総額は変わらないという考えか…心配している」

・議会では委員会を設置し話合いされている、「市民の声をどのような形で反映されているのか?」

・市民サービスにつき「市民の声が具体的に市の方に上がってきていないか?」

・委員会やPFIについて「市民にどれだけ説明があったのか?」

・「20年」で公共施設を壊して、新たに造っている施設は他にあるのか?

・「20年」ではなく、もっと先を考えて計画を作るもの。大事な予算を「20年」で考えるのはおかしい。

・「20年」でトータルするとリースの方がお金がかかるという事ですよね。32億円。

・解体は「アスベスト」について事前調査を⇒ 10カ月後、約5千万円もの工事追加!?

・庁舎といきいき広場の二つに分かれ「ワンストップ」に ⇒ 結局、組織移動を強行!

⇒「市民」はリース方式に対し、極めて危機感を強くされ意見提案されたようです。

   しかし、市は「リース建設」を強行!

 

---「施政側」の主張------

・今あるモノをいかに所有しないか、どれだけ無くすかという事にかかってくる。

⇒「庁舎を持たない街に転落!」「民間プール会社に、30年間-数億円を補助?」は、

いかがなものかと?

・全部建替えは「522億円」。この半分位じゃないと、今の歳入で返す事が出来ない。

⇒「施設建設」は行政主導で進められたのでは? 行政反対で建設されたのでしょうか?

   施設建設の責任を市民に転嫁は無責任の証し!

・「20年後」まちはどのようになっていると思うか? 市役所に来なくてもよい時代になっていたら…

⇒「狭小リース庁舎」は、残念ながら「20年後」解体!  また巨額投入で「庁舎建設」という「もったいない」施政運営は浪費! 

・旧庁舎を改修であれば「30年以上」は維持できたのでは?  20億円で!

■ 市民の思いは、 

大きな庁舎を建て、いきいき広場と一体化! 

様々な市関連機関や組織と同居がベスト! 

説明会の市民提案のように「マンション」併設等、複合化も有益かと思います!

 

---ハコモノ建設」の欠陥------

・「市民の参画と協働」を表明が、実態は「市民不在」の「ハコモノ建設」の強行!

・市民の声は反映無し、施設説明も事後説明、財政効果も説明無し!更に情報非公開!

・この手法で、様々な「ハコモノ建設・解体」を強行されていることは欠陥です! 

 

   これでは、市民が犠牲の「ハコモノ!」

  「決定してから説明会を開催は横暴」と、とある機関紙に掲載されてました。

 マスコミ関係者は、これを「江戸時代のよう」と表現されたようです。 

  市民本位「大家族」本位の施政運営があるべき姿です!

「まちづくり」は衆知を集めてが無謬性への道程です!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸