t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 学校エアコン設置の不可解 Ⅱ

「学校エアコン仕様」の概要がようやく解りかけてきました。

そして、残念なことは「エアコン」は「ガス  エアコン-GHP」だったのです。

  (*GHP : 都市ガスかLPGをエンジンに供給し、圧縮機を駆動し冷暖房する機器 )

     (*エンジン利用のため、クルマと同じようにオイル交換等のメンテナンスが必要 )

・しかし、なぜ「GHP」なのか?  どのような理由・根拠・要因で決定されたのか? 

・『隣のまちも「GHP」だから』というような甘~い根拠で良いのでしょうか?

市民に説明されない、市民に説明出来ない訳が理解出来ました。

・行政施策を、市民は追求するが、議会は「素通り」だからのようです。

結果「最も高額な空調方式」を採用! 「経費削減」は、もう中止でしょうか?

 

---他県の町の学校エアコンの検討---☆--- 

ある町の学校エアコンの「投資回収 - 検討資料」をご紹介したいと思います。 

学校エアコン  方式  電気式 (EHP)  ガス式 (GHP)
設備費 設備機器 (千円)    22,680   60,000
室外機 設置費    1,222   1,743
受電設備 改修    15,000   8,900
   合 計      38,902     70,643
年間運転費 運転費 (千円)        2,528       1,244
保守点検費              0          572
   合 計        2,528       1,816
設備費       (千円)     基準     37,320
年間運転費   (千円)     基準         -712
回収年数  (年)     基準   約50年 (回収不能)

 

このように稼働時間の短い学校エアコンが「GHP」の場合、投資回収は「不能」!

高浜の場合につき、比較検討資料を公開が無謬性と思うのですが、またもや「行政と議会だけで決定強行のようです?」 

これは血税の私物化!  借金は後世任せは不適切! 市民の参画と協働で推進すべき!

 

防災上も、最近の被災地で復旧が早いのは「電気」。「水道」や「ガス」等の配管系は約1か月以上を要しているのが現実では?

小学校の避難所機能の環境整備面からも「電気式」が最も適合しています。

  (*非常用発電機 -「100KW-72H」をなぜ設置するのか?  非常時のエアコン運転のためではないのか? 目的と使途を再確認戴きたいものです。)

 

■災害が起こってから考えても遅いのです。児童・生徒にとって、市民にとって、血税投入に相応しい、効果的、効率的なエアコン方式を選択されるべきです!

 

「大家族」精神を取り戻して戴きたいと思います!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸