t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 – ハコモノ計画の疑問

・『思いやり 支え合い 手と手をつなぐ 大家族たかはま』と宣言されて久しく、真の実現が待たれます。

● ここ数年、中央公民館・旧庁舎・勤労青少年ホーム等々、まだ、まだ利用できる公共施設「築40年程度」の鉄筋コンクリート造のハコモノを次々と、財政効果も説明されず早期解体と巨額のハコモノ建設強行は不信感しかありません。

そこに「大家族」精神を見出すことは出来ません。

 施政は「行政と議会で決める」と強行は市民不在です!

 

● 市初の「住民投票」まで発展した「中央公民館」の取り壊しに関する施政施策につき、現在は、裁判訴訟にまで発展。 来春には司法判断が下される見込みのようです。

・しかし、行政と市民とが訴訟になる事自体が適切さを欠いているように思います。

    (*訴訟内容の是非ではなく、市民の訴える受け皿が「司直」にしかない事態となっていることが異例… )

 

● 施政結果につき、行政や議員さんは、責任を取らなくても良いようです。

・だからこそ、血税を利用する以上、施政のあり方として「市民に説明責任」を果たされることは、絶対的な責務と思います。

・しかし実態はどうでしょう?  高浜施政が「説明責任」を果たされているとは思えないのが残念です。 市民参画による協働施政と言われながら実態は、独裁的施政では…?

・例えば、市広報は「結果報告」が大半です。直近の決まった事を流されるだけ…。

・市は、個々の「ハコモノ」につき、業者さんと契約締結の前に、ハコモノ仕様を市民に公表され、意見募集された事があったでしょうか?

・設計概要図を公開され、市民に、意見募集された事があったでしょうか?

・議員さんも、活動報告や議会報告を、毎回、発行配布されているでしょうか? 

 

● 他市の事例を調査して驚いたのは、「ハコモノ」建設の第一歩に、まず「市民参画」による「ハコモノ」建設の意見・要望をまとめる「会議体」を立上げ、半年から1年を掛けて検討されている事でした。

高浜は、まずは、いきなり「業者さん募集」です。

● 他市は「設計図」を契約前に事前に公開して、市民意見を反映して「設計変更」に対応されています。 

 (*例えば「岐阜庁舎」建設前の「専用エレベータやトイレ」問題も、この事前公開の成果と思います )

高浜は、この「事前説明」が欠けているのでは?  感覚的には「殆ど事後説明!」

  高浜は「民主主義」が無いのかと危惧します。

 (*某マスコミ関係者も「高浜は江戸時代」のようと比喩されました… )

 

● 現在の「ハコモノ」建設は、「血税の無駄遣い」、「借金返済は市民」が強行される事態となっていることは残念です。

リース-33億円、高小-50億円。それぞれ建設費が「二倍」は適切なのでしょうか?

 

---ハコモノ建設の事例---☆--- (*市庁舎と高浜小学校)

● 市は「財政削減」を目的とされたにもかかわらず、「庁舎」は狭小リース-33億円。「小学校」は PFI-48億円と、通常の建設費の「二倍」の血税投入計画を強行!

・今でも疑問は「高小-縮充-37億円構想」が、いつの間にか「約49億円」に増大!

当時「49億円」では「高浜財政は破綻する!」の説明は、何だったのでしょうか?

   本当に「縮充」という浪費建設は正解でしょうか?

 

● 今、冷静に考えてみると、これは特定の民間企業が「リース-20年」、「PFI-15年」、「プール-30年」の長期に渡り、保守管理や運営補助を独占受託となります。

民間は企業競争の無い、安定的長期独占化で血税の節減努力をされるでしょうか?   

・12月議会でも、高小の建材物価上昇を理由に「約3千万円」を契約増額されました。

施政は「民間企業の言いなり」です。 分院にも同様に「53億円補助」を強行です。

・市民には厳しく、民間企業には優しく、甘くは本末転倒では…?!

 

● 議員視察の「埼玉-小学校」は高小同等の「校舎面積-9,100㎡」が「23億円」と半額!

 (*「18学級-児童600名」「屋上プール付」「縮充 - 公民館・高齢者介護室・子育て支援室・学童保育室」)

余りにも民間企業に優しく、市民には厳しく不公平な犠牲を強いる「ハコモノ施政」は、いかがなものかと疑問を強くしています!

 

 「大家族」の実現は遠のくばかりのようです…?

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸