t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - ハコモノ計画の疑問 Ⅶ (狭小リース庁舎)

何度も、申し上げていますが「ハコモノ」は巨額の血税を投入となります。

よって、施政は「丁寧」な説明と、公共施設を大切にする長寿命化は責務では…?

実態は、中央公民館をはじめ、旧庁舎・青少年ホーム等、全て40年程度で早期解体!

・更なる疑問は「ハコモノ」には巨額投入され、「数十万円」の市民要望は予算無いと冷淡な回答を当然とする対応は「大家族」は言葉だけかと疑心暗鬼となっています。

 

---狭小リース庁舎の「疑問」---☆---

・その巨額浪費の「ハコモノ」建設の典型的な事例が「狭小リース庁舎」です。

・財政効果は全くない事が判明しています。「虚偽の説明」は市民無視であり不適切!

今夏まで市HPに掲載の下記表を突然削除され、改ざんされたのは「証拠隠滅」です! 

f:id:t2521:20181123123019j:plain ・(*市が整備した場合『37億円』はねつ造…?)

施政は「狭小リース庁舎」を市民を欺いて建設強行は、ありえない事態です!

・「ハコモノ」は、中公解体-分院補助、庁舎・高小と続いていますが、これだけでも、財政規模は何と「150億円」にも達し、説明責任を果たされていない事は「市民無視!」

 

---庁舎建設にみる住民説明---☆---

・「情報公開」で頂いた「庁舎整備 - 基本協定書」から「住民説明」の方針を確認。

第7条 (住民説明等) -  (*抜粋)

・リース会社は、本契約を締結する前に「住民との接触を行ってはならない」

・「住民との接触を行った場合は、その後、速やかに市に報告するものとする」

これが、市が、リース会社に要求された「市民への対応方針」です。

  情報隠ぺいの体質がもろに見えています! 

 

● 結果、契約締結は「H27年3月」、市民説明は「H27年7月31日」、着工「H27年11月」と、市民には「建設仕様」を決定後に説明会を実施。何のため? 形式的対応では?

 

● 市民意見を反映出来ない、反映しないハコモノ建設。建設仕様も変更出来ない「着工- 3ケ月前」は、「行政と議会で決める」と「強行」であり「乱暴」と感じています。

議事録をみると、市民から「アスベスト調査」の意見指摘が出ていました。

・結果は、着工後 (半年以上、経過後) 、「アスベスト発見!」と「約5千万円工事」を随意契約し、工期は「約半年以上遅延」し推進されたようです。不適切な工事管理です…。

 (*「随意契約」- 予め業者を決定し発注。当然、見積額は「言い値」となります    )

   (*「庁舎-アスベスト除去工事」-「リース会社」に発注。相場より高額かと…?   )

 

●「財政削減」と主張され、相場の二倍で建設強行のハコモノ計画は、全て市民にその負担がかかります。

・本来、施政は無謬性を発揮され、説明責任を果たし、ハコモノ計画には当初から市民参画の施策を展開されるはずが、行政と議会で決定強行は市民の犠牲が前提の施政です

他方、市民の無関心は、後世の市民に対し無責任ではないかと危機感をも覚えます。

 

ハコモノ」は魔物です!   施政にご注視を!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸