t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - ハコモノ計画の疑問 Ⅷ (庁舎Q&A-2)

・そもそも事業計画の当初から「狭小リース建設」を前提計画が不可解です。

  - 経緯経過も根拠も不明な「リース建設」前提は、闇(ヤミ)ハコモノ計画です。

・今回は、前回に引き続き「庁舎整備事業-Q&A」につき検証してまいります。

 (*この市の説明資料は、建設計画時(*着工-1年半前) に立案されたようです )

 

----------------------------☆---

Q5. どんな提案条件を「民間事業者」に求めたの?

①施設機能 - 市庁舎の機能+市民利用の多目的ゾーン+いきいき広場との連携… 

②面 積  - 床面積は旧庁舎「7,800㎡」を…執務面積は「3,500㎡」へ縮小する…

初めから「いきいき広場」移転前提は、非効率なハコモノ計画であり不適切です!

 「縮充方針」は、庁舎は不採用!  高小は採用!  これでは方針に一貫性がありません! 

 

Q6. 「整備費用」はいくらかかるの?

①概算事業費 - 20年間の維持管理・運営費を含め「総額で33.2億円」を予定…

②費用支払い - 20年間のリース料として平準化して支払っていきます。と説明。

1年後の契約額「33.2億円」は計画額と同額は「リース方式の財政削減-効果無し」!

・しかし、これを説明された財政資料は「10%」コストダウンと表記。この資料を竣工後「削除」は、市民を欺いた証しです。

③リース分割払いにて財政負担の軽減や、次の施設の建替え整備に充てます。と説明。

 ⇒「庁舎建設-20億円」の余力も無く、建設を早期化は適切でしょうか?

 

自治体のハコモノ建設は「基金」を準備し貯蓄してから着手が無謬性です! 

・「財源」が無いから「借金リース建設」を選択は不適切なハコモノ建設では…?

 他市が導入採用されないことが、財政効果無し、メリット無しの証しです!

 

● しかし、本当に財源は無いのでしょうか?  他の施設の支払い状況を確認しました。

(1) 高小 - PFI-建設費は「H31年 - 23億円」「H32年 - 13億円」を支払い予定です。

(2) このPFI建設は、15年間-小学校 維持費として毎年「1億円弱」を支払い予定。

(3) 民間プール社には、水泳指導料として「30年間-3千万円」を提供と大盤振る舞い!

(4) 民間分院に「H21年~H30年で30億円補助」新分院の「建設費半分-23億円」補助!  

この大盤振る舞いの連続で「財政困窮?」- 財政削減と言えるのでしょうか?

(5) 更に「民間リース施設」の建設相場は「25万円/㎡」。これを庁舎は、公共施設相場「40万円/㎡」を適用し締結。これでは「財政効果」どころか悪質な無駄遣い同然では!!

疑問は相場差額「15万円/㎡ × 床面積 ≒ 約5億円」の行方です…不可解です…?

   (*この建設費は、市民に詳細な説明が必要と思われ、公表されるのが無謬性です…)

 

Q7. 「事業」はいつ完了するの?

①新庁舎-第1期工事 - H27年11月ごろから翌年28年10月までの約1年間…

②会議棟-第2期工事 - H29年5月ごろより、H30年6月の完成予定となっています。

H26年に立案の「工事工程」は、2年後のアスベスト追加工事も予見されていた…

・工事途中や竣工後、資料内容を公然と改ざんを実施の施政に信頼感はありません!

 

Q9. どんな「庁舎」になるの?

①新庁舎は「約4,700㎡」の建設規模。 (*「庁舎 - 3,700㎡」+「いきいき広場」≒「4,700㎡」)

②いきいき広場には、3階に「こども未来」「教育委員会」を配置します。

⇒ 繰返しますが「ハコモノは縮充」とされ、施政の中枢を分離分割はありえません!

    (*組織分断のほうが執務効率が向上とする理由根拠が、全く理解出来ないのです )

・「縮充方針」にも反する「不可解な計画」の強行は、施政として失格・落第では?

 

このハコモノ計画は、初めから「狭小化」「リース建設」。初めから「いきいき広場へ移転ありき」は、不適切、不適正であり、財政効果無きハコモノ強行はありえません!

 

---市民の素朴な思い---☆---

ハコモノは魔物です! 

・一度、建てると、短くても数十年、建替え時は「70年」先を見通した上の施設管理マネジメントを踏まえた判断が要求されます。

・同時に、市民への説明責任も、絶対必要で、特に「財政効果」は最重要課題です。

これを踏まえ「後世の市民への負担可否の判断」となります。

・しかし、現状は「行政と議会で決める」と強行は、責任をとられません! 

   (*この事例が「かわら美術館 - 84億円」。借金返済が終わったら「民間譲渡」です! )

この無責任な「ハコモノ」づくりは、市民が「あぶない」と危険信号を発信します! 

 

  不適切なハコモノ建設強行は、無力な市民が犠牲です!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸