t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - まちづくり をふりかえる 

●「ハコモノ」問題で「施政」の重要さを知りました。それまでは「施政」は行政と議員さんに任せておけば、最善の策をもって運用されていると信じ切っていたのです。

その信頼感は「中央公民館」の早期解体(築36年)で、裏切られました。

● 続いて、強行されたのが「狭小リース庁舎-33億円」。着工-3か月前に「市民説明会」が行われたようですが、当時は、まだ全託状態であり、まったく関心外でした。

庁舎建替えを知ったのは「工事着工後」。隣接道路を通行時、何か始まるの…?

 

「大家族」という言葉に騙された思いを強くしています!

 

---思い返せば…-----------☆---

町内会役員を受託から始まった「施政」との接触を通して、やがて「住民活動」に繋がっていったのですが、初めて知る「施政のあり方」は、多々、疑問の連続でした。

 

・「住民投票」では、議員さんが率先して反対活動(解体推進)。投票所の前でも…。

・「情報公開」は消極的。「墨塗り」で真黒な資料を突き出された時は衝撃的…。

・「庁舎リース」の財政効果を説明された資料は、竣工後、削除・改ざんの強引さ…

・「監査請求」は明らかに「市」に忖度された見解展開。公正さを欠いています。

・「工事費」も、積み増しの連続。相場より二倍も高額の決裁を強行は無駄遣いです。

「リース-33億円」は前代未聞の借金建設。背景は「民間分院-30億円補助!」

    「大家族」の身を削ってでも、分院に特別のご奉仕は理解出来ません!

 

● 分院からの要求に応じて「市民-年間利用-8万人」の中央公民館を早期解体し、市民には「隣街の施設・ホールを利用すれば良い」とは施政として不適格と思います!

これと同様の方法を展開され「様々な民間施設建設」を強行されています。

●「工事費」の情報隠ぺい化も問題です。

県内外の先進都市は「金(金額)入り設計書」を公開されています。当市は「非公開!」

・この問題の工事は「追加工事を続発」や、入札は競争無き「随意契約」の乱発!  

更に「市のHP」には掲示されない方法で、高額入札を展開のようです。

  市民に「ばれない仕組み」を構築は間違いです!

 

多くの市民の全託を背景に「施政情報は非公開」「財政効果は説明責任を放棄」の「ハコモノ」建設を強行は「まちを私物化的」「独裁的施政」と感じています。

 「不透明なまちづくり」が強行されています!

・この不都合な真実を把握し、実感できたことが、貴重な経験だったかと思います。

 

・しかし、この結果、無駄な借金は増大し、その返済は市民に課せられ、碧海五市で「ホール」も無い街は「我が高浜」だけと、市民生活は転落となりました! 

・今まで「ホール発表」を目指して、大変な練習を重ねてきた幼児・児童・生徒は、隣街の「ホール」を借りたり、会場を音響効果の無い体育館に変更されたようです。

●「かわら美術館」も「84億円」を投じて、数年後「民間譲渡」は失敗の証しでは…  

   これが「適正なまちづくり」なのでしょうか? 

 

● 借金返済は「市民と後世の市民」に託され、また、来年もハコモノ強行は続きます…

 

このように強引な「ハコモノ施政」に危機感を抱いています。

・国の指針「長寿命化してから、施設を更新」にも逆行…これでは「財政困窮」は当然の成り行きです…

 まちの破滅に向かっているのかもしれません… 

 個々の市民の方々が、施政に関心を寄せられ、意志表示が必要な時節と思われます。

 それこそが「大家族たかはま」づくりになると思います。

 

----------------------------☆---

● 今年の住民監査は、これで、ひとまずお休みとさせて頂きます。稚拙なプログを最後までご確認戴き、ありがとうございました。

   寒さ厳しい、お正月になりそうです。お身体お大事に、良いお年をお迎えください。

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸